住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

筑豊で爆破体験とか。

ハードボイルドな家を建てるならRCdesign

一時激しい雨の東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、大田区北千束計画検討、書類作成、世田谷区大原計画検討、お問い合わせ対応、リフォーム計画検討、来客面談など。

午後は大田区仲池上計画検討、資料作成、渋谷区桜丘計画検討、見積もり作成、お問い合わせ対応、渋谷区のお客様とお電話、ありがとうございます。図面チェック、日野市計画検討など。夕方は図面作成、若木計画検討、資料作成、大工さんと電話、日野市のお客様とお電話、ミーティングなど。

今日もよく降りましたね。

ではこちら。

筑豊は「爆破」で町おこしなるか? 『西部警察』的体験も可能なプロジェクト進行中

爆風吹き荒れるなかをパトカーで走行、実際の鉄道駅で銃撃戦……往年の刑事ドラマのようなシーンを、一般人が体験、撮影できるイベントが福岡県の筑豊地方で行われています。映画などの「爆破ロケ」を誘致し、町おこしにつなげる活動です。

筑豊は爆破ロケの適地?
福岡県の筑豊地方で、映画などの爆破シーンのロケを誘致し、町おこしにつなげる動きがあります。映画ロケ誘致だけでなく、一般人が爆破をともなうカーアクションを体験したり、撮影したりするイベントも行われています。
2019年7月16日 6時0分 乗りものニュース

なるほど。

これは男子にとってはなかなか興味深い記事ではないでしょうか。

西部警察というキーワードだけでも、ちょっと反応してしまいますが、その中でも特徴的だった爆破シーンを体験できるとは、かなり思い切った活動だと思います。

ところで、この筑豊(ちくほう)という名前、地理に疎く無知で大変申し訳ないんですけど、Wiki先生によれば、福岡県を4つに分割した地域(福岡・北九州・筑後)の一つで、その内陸部(中央部)をさす地域名ということで間違いないでしょうか。

半世紀以上の人生でも、これまではなかなか九州方面に縁が無く、情報が限られていましたので、筑豊という場所の土地柄がどのようなものなのかわかりませんが、記事のような町おこしなら、是非行ってみたいと思います。

しかしながら、爆破という言葉だけでも敬遠されそうな気もしますし、今の日本でそんな無茶が出来るものなのか、そんな場所があるのか、ちょっと疑問に思ってしまいますね。

この活動を行っている方によれば、やはり当初は「爆破」という言葉だけでも各自治体からゾッとされ、プロジェクトの始動までには3年程度かかっているそうですので、ここまでのご苦労も相当なものだったことが想像出来ますが、地元企業の理解と協力があって、進むことが出来たそうです。

さらに今後は、自動車学校や病院、取り壊し予定の体育館などでも爆破イベントを行うほか、公道でカーチェイスをすべく警察とも調整中だったり、ヘリコプターやボートを使ったロケも予定しているそうです。

アクションという点では、日本の映画もハリウッドや香港などの映画に勝てない、というイメージもありますが、今後は筑豊での撮影が可能になれば、ワイルドスピードのような、より一層面白い作品が出来るかもしれませんね。

このプロジェクトの趣旨には、筑豊に付きまとう「怖い」「暗い」といったネガティブイメージも、無理にふたをせず逆手にとれば、アクションやハードボイルドといった男気のある世界観とリンクさせ、筑豊のイメージを違ったものに転換できるのではないか。というものもありましたので、是非がんばって欲しいと思います。

私個人的に憧れだった松田優作さんの作品でも、多くのアクションがありましたが、まさにハードボイルドな格好良さに魅力を感じていたのかもしれません。

特に映画に詳しいわけではありませんが、爆破や銃撃、カーチェイスには惹かれてしまうんですよね。

なるべく早く時間を作って、筑豊に訪れてみたいと思います。

そんな映画好きの方や、ハードボイルド好きな方には、RC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



地図記号で減災にとか。

防災住宅を建てるならRCdesign

雨の東京です。

そんな今日は朝からガス会社さんと電話、図面作成、お問い合わせ対応、大田区北千束計画検討、書類作成、リフォーム計画検討、資材発注、資料作成など。

午後からは三鷹方面へ、お客様と打ち合わせなど。夕方帰社後は蓮根の不動産会社さんと電話、商社さんと電話、日野市計画検討、お問い合わせ対応、ミーティングなど。

本当によく降りますね。日本全国の建設関係の皆さんにおかれましては、工程管理が一層難しくなっていることとお察しいたします。無理の無いように精一杯頑張りましょう。

ではこちら。

災害の教訓活かせ! 13年ぶり「地図記号」で減災へ

どこにどんな施設があるかなどを地図上に示す「地図記号」。現在、130種類以上もあるが、今回、13年ぶりに新たな地図記号が制定された。そのきっかけとなったのは1年前のあの災害だった。

地図記号を定める国土地理院はなぜ新たな記号を誕生させたのか。自然災害伝承碑。過去に起きた地震や津波など自然災害の教訓を後世に伝えるためのものだ。
2019年7月12日 20時4分 テレ朝news

なるほど。

これはなかなか良い試みではないでしょうか。

実はすでに3月にはこの方針が決まっていたようですが、まずはウェブ上の地図からということで進められていて、すでに180基以上の情報が載っているということ。

記事にもあったように、そのきっかけとなったのはちょう1年前に発生し、300人近くが亡くなった西日本豪雨で、この時に被害の大きかった広島県坂町には約100年前の水害を伝える石碑があったものの、この存在を知らない住民も多かったということがあったそうです。

そこで、過去に起きた津波、洪水、火山災害、土砂災害などの自然災害の情報を伝える石碑やモニュメントを記号で表すようにして、貴重な教訓を後世に残そうということを考えたんですね。

今までも一部のものは地図に表されていたようですが、分類としては「記念碑」に含まれていたため、折角の情報を伝えられずにいて、その多くは未掲載のままだったということです。

ようやく9月からは紙の地図にも順次、反映していくそうですので、その数も増えていく見込みだそうです。

その中には、宮城県女川町のいのちの石碑も含まれ、東日本大震災の教訓を伝えようと当時、小学生だった地元の有志が町内に設置したものなども、この石碑も記号となり、今後は地図に掲載されていく予定だとか。

https___imgix-proxy.n8s.jp_DSXMZO4251938015032019CR8001-PB1-1ちなみにその記号というのがこちらです。

確かに石碑のように見えますので、比較的覚えやすい図柄だと思います。

大切なのは、まずはこの記号をしっかりと覚えておき、いざという時にはすぐに見つけられるようになっていなくてはいけません。

そしてそこに書かれている教訓をしっかりと熟読のうえ、忠実に守ることもまた大切なことだと思います。

教訓を活かすことで、確実に災害の被害を減らせることが出来ると思います。

さらなる減災を目指すなら、住まいをRC(鉄筋コンクリート)住宅にすることをオススメします。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



35年分の少年ジャンプとか。

蔵書する家を建てるならRCdesign

曇りのち雨の東京です。

そんな今日は朝から大田区北千束計画検討、その後北区浮間方面へ現調など、帰社後は設備メンテナンス、世田谷区大原計画検討、渋谷区計画検討、書類作成など。

午後からは日野市計画検討、図面作成、その後若木の現場へ、大工さんと打ち合わせなど、帰社後は図面作成、お問い合わせ対応、上石神井計画検討など。夕方はセキュリティー会社さんと電話、大田区仲池上計画検討、管理組合さん来社打ち合わせ、見積もり作成、リフォーム計画検討、ミーティングなど。

もうそろそろ、梅雨明けしてもらいたいものです。

ではこちら。

もはや図書館!35年分の少年ジャンプの姿に圧巻

「ドラゴンボール」が大好きで、過去35年分の「週刊少年ジャンプ」(集英社)も保管しているという「ペキンさん」(@pekindaq)が、自身のTwitterでコレクションの一部を公開。その光景が「もはや図書館」と、見た人を驚かせています。

ペキンさんは7月9日、「ジャンプ30年分が家にあると、ちょっと嫌なことがあっても『家に帰ればドラゴンボール読めるしな』ってなる」と、本棚にギッシリ収められた少年ジャンプの写真を公開。
2019年7月10日 17時33分 おたくま経済新聞

なるほど。

これは凄い人がいたものです。

写真を拝見した限りでも、圧巻の光景で、とても美しく整理して並べられていました。

35年分を蔵書しているとは、10歳から読み始めたとしても、今は45歳ということでしょうから、よくぞそれまでの間、保管を続けられたものです。

男の子ならジャンプやマガジンなど、女の子でもマンガにはまる時期はあるものだと思いますが、大抵の家では、半年分も貯めておくとすぐに家族からひんしゅくを買ってしまい、トイレットペーパーに換えられてしまうのではないでしょうか。

この所有者さんいわく、「ドラゴンボールが大好きでして、連載開始頃の1984年50号あたりから今週号まで、厳密には35年ほど揃っています」ということですので、ある程度環境的にも恵まれていたのかもしれません。

マンガファンの方や読書家の方には、とても羨ましい環境ですね。

写真をみて気になったのですが、部屋に置かれている本棚は、ホームセンターで売られている市販のものだそうで、市販品のままだと高さ180cm、6段までしか無かったので、上にさらに2段別の棚を追加して使われているそうです。

今のところは棚板のゆがみなどは無いように見えますが、割と早い段階で変形してくるのではないかと思います。

さらに心配なのが建物の構造で、仮に1冊600gだったとすると、1年で12冊、35年分だと420冊となりますので、0.6kg×420冊=252kgにもなってしまい、本棚なども含めると相当な荷重になっていますので、それなりの対策を行っていれば良いのですが。

通常ですと、床の耐荷重として1平方メートルあたり180kgを見込んでいますので、6畳の部屋なら1.8t近くの重さには耐えられるということになりますが、これはあくまでも床全体に平均して配置されている場合です。

重さが一カ所に集中してしまっている場合は、この限りではありませんので注意が必要です。

今回のように本棚に入っている場合は、その場所に荷重が集中してしまいますので、床やそれを支えている各部材には、想定以上の負担が掛かっていることもあり得ます。

残念ながら、木造住宅やハウスメーカーの家の場合、全ての建物で構造計算をされているわけではありませんので、その耐久性を保証できない場合もあります。

RC住宅なら、全棟構造計算を行いますので、大切な蔵書を安全・安心して保管するなら、住まいはRC(鉄筋コンクリート)住宅をオススメいたします。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



エコバック使ってますか?

良い家を建てるならRCdesign

くもり続きの東京です。

そんな今日は朝から防災屋さんと打ち合わせ、その後群馬県へ。

住設建材メーカーパナソニックさんの工場へお伺いさせて頂きました。フローリング材料を主に製造過程を確認させて頂き、その品質の高さと商品の良さを感じることが出来ました。

工場見学は、まさにものづくりを行っている現場を拝見することができ、そこでは私たち建築現場でも参考にさせて頂けることや、取り入れたいヒントが沢山ありますし、純粋に工場のラインを見ているだけでも楽しいものですね。夕方帰社後は日野市計画のお客様とお電話、出版社さんと電話、ミーティングなど。

体調を崩されている方もいらっしゃるようです。どうぞご自愛ください。

ではこちら。

【完全敗北】「持つのも恥ずかしいレジ袋」でエコバッグを促進する試みが失敗

この試みは人類には早すぎた…いや、手遅れだったのかもしれません。詳細は以下から。

海洋汚染や石油資源の浪費という観点から、世界各国で利用が見直され始めている使い捨てプラスチック製品。
特にコンビニやスーパーでもらう1回限りしか使えないレジ袋には批判も多く、日本でもエコバッグを使用する人が年々増えてきています。
そんな中、カナダのヴァンクーヴァーのスーパーマーケット、「East West Market」のユニークな試みを先日BUZZAP!でも紹介しました。
2019年7月10日 14時4分 BUZZAP!

なるほど。

コンビニをはじめとする商店などでも、レジ袋の有料化が検討されたりしていますが、皆さんはエコバッグをお使いですか?

我が家では、スーパーに買い物に出かける時には、折りたたみのエコバックを夫婦各々で持参して、食材や消耗品など購入したものを入れてきます。

しかしながら、衣類や雑貨などでは、まだまだショップのレジ袋を利用していたりしますので、この部分ではまだまだ完璧ではありません。

そんなまだまだ意識が足りない消費者に対して、より意識を高めてもらおうとして作られたのが、恥ずかしレジ袋ということです。

それはレジ袋に持っているのも恥ずかしい文言がデザインされ、エコバッグを使わない利用客は買い物後にそれを持って家まで帰らなければいけなくなるというもの。

で、実際に書かれている内容はどのくらい恥ずかしいかというと、「大腸ケア協同組合」「変態AV専門店」「いぼ用軟膏卸売り」といった強烈な文言で、これを持って歩くのは完全な罰ゲームのようです。

確かに、そんなレジ袋を手に持って歩くのは、少々抵抗を感じますし、人目を気にしながらの移動を強いられるのは、嫌なものだと思います。

ところが、予想に反して試みは大失敗に終わってしまったということ。それはこの事をネットニュースなどで知った利用客たちは、これらのレジ袋を1枚5セント払ってコレクションし始めてしまったということです。

きっと若い人を中心に、目立つものを手に持つこと自体が、楽しいことだと思いますし、それをコレクションしてしまうというのも、ちょっとわからなくはありません。

恐らく日本で同じことを行えば、やはり同様にコレクションをする人や、個人売買などに出品する人なども多くなるのではないでしょうか。

世界に先駆けて、エコバックの常時携帯が常識となれば、多少は世界から認められるかもしれませんね。

もちろん住まいをRC(鉄筋コンクリート)住宅にすれば、より一層憧れの存在となるでしょう。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



郵便料金の値上げとか。

価値ある家を建てるならRCdesign

曇り続きの東京です。

そんな今日は朝から日野市計画検討、図面作成、その後信用金庫さんへ、帰社後は出版社さん来社打ち合わせ、お問い合わせ対応、商社さんと電話、渋谷区計画検討など。

午後は来客面談、提携会社さん来社打ち合わせ、豊島区千早町計画検討、横浜市南区計画検討、見積もり作成、サッシ屋さん来社、お問い合わせ対応など。夕方は図面作成、大田区仲池上計画検討、設備屋さん来社、ミーティングなど。

もしかして、このまま秋になってしまう、なんてことはないでしょうね。

ではこちら。

手紙は84円、はがきは63円 10月から値上げへ

日本郵便は今年10月からの消費増税に伴う郵便料金の値上げを発表しました。

新たな料金は、手紙は現在の82円から2円高い84円に。はがきは62円から1円高い63円になります。手紙の値上げは2014年4月の消費増税以来5年半ぶり、はがきは2017年6月以来2年4カ月ぶりとなります。

また、ゆうパックも大きさや送る地域によって10円から60円の値上げになります。日本郵便は新しい料金に対応した切手やはがきを来月20日に発売します。現在、使われている62円切手などは9月末で販売を終了します。
2019年7月9日 6時19分 テレ朝news

なるほど。

今日の記事は業務連絡的な内容になりますが、いよいよ10月に迫って参りました消費税の増税に伴って、郵便料金も値上げになるということです。

これが以外と忘れてしまって、古いはがきや切手をそのまま使ってしまい、先方にご迷惑をお掛けしてしまったり、ちょっと恥ずかしい思いをしたこともあります。

いまだに封筒で書類を送る時、82円切手の重さを少しだけオーバーしてしまうことがありますが、82円切手で遅れる重さは、25gまでということですので、封筒+A4用紙だと4枚が限界なんですね。

とはいえ、書類を送るということは、どんなに小さな封筒でも原則として人から人へ運ばれるということですし、どんなに近くても人が介在するという時点で、82円は大変お得な感じがします。

現在の日本では、運送業界でも人材不足と言われていて、どんなにトラックを用意しても、運転してくれる人がいなければ、モノを運ぶことが出来ないという状況で、その影響が各方面に出ているところだと思います。

もちろん、我々建築業界でも、多くの部品や材料を必要としますので、その全てが多方面から運ばれて来るんですけど、その分コストアップの影響を受けてしまいます。

なるべく無駄を少なくするように、材料をまとめて発注したり、自社のトラックで運搬するなど、出来る限りの対策と工夫をして、コストダウンに努めているところではありますが、これら諸事情を少なからずご理解を頂けると幸いに存じます。

消費税の増税も含めて、住まいづくりのコストが高騰している中ではございますが、お客様に価格以上の価値をお届けできるよう、最善を尽くしてまいりますので、引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

7月に気温が25℃未満で経過し、今日で夏日にならなかったのが5日連続となり、これは1993年以来26年ぶりということですので、くれぐれもご自愛くださいませ。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



2020年に衝撃データとか。

災害に強い家を建てるならRCdesign

くもりちょっと青空の東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、日野市計画検討、図面作成、大田区北千束計画検討、信用金庫さん来社打ち合わせ、業者さんと電話、ガス会社さんと電話、リフォーム計画検討、渋谷区計画のお客様とお電話など。

午後は若木計画検討、見積もり作成、その後若木計画のお客様と打ち合わせへ、帰社後は不動産会社さんと電話、提携会社さんと電話、来客面談など。夕方は世田谷区大原計画検討、お問い合わせ対応、図面作成、書類作成、ミーティングなど。

ギリギリ降らずにすんだ感じですが、少々肌寒い1日でした。

ではこちら。

京大教授が警告! 20年に首都直下地震の衝撃データ

以前は白衣にジーンズというシンプルな服装だった鎌田浩毅(ひろき)教授。この日はグッチのジャケットで決めていた

「東京オリンピックが行われる2020年ころ、極めて高い確率で首都直下地震が起きることが想定されます」6月中旬、京都大学の履修登録者数トップクラスを誇る大人気講義で、衝撃的な地震データを教えている教授がいた。

軽く300人は入れそうな階段教室に集まった学生たちは、彼の顔を見つめ、その言葉に真剣に聞き入っている。

講義を行っているのは、京都大学大学院人間・環境学研究科の鎌田浩毅(ひろき)教授(63)。本誌は彼の授業に潜入し、「2020年首都直下地震説」の根拠を聞いた。
2019年7月7日 12時0分 FRIDAYデジタル

なるほど。

なかなかショッキングな記事ですね。

記事に書かれていたのは、東大出身で元通産省官僚という京大教授の鎌田先生。これまでにも度々メディアに出られていたので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん膨大な研究とそこから得た知見をお持ちの方で、日本ではその世界の第一人者と言える方だと思います。

その先生曰く「’11年の東日本大震災以降、日本列島の地下にあるプレートのあちこちに歪みが生じ、その歪みを解消しようと地震が頻発しています。震災以前に比べ、地震は約3倍に増えており、日本は言わば、『大地変動の時代』に入っているのです」ということ。

日本においては、国としても地震の予測はしないという方向に決まっていますが、そんな中でも過激と言われそうな意見を公表されていることには訳があり、首都直下地震は明日起きるかもしれないし、再来年に起きるかもしれないからこそ、鎌田教授はあえて具体的な時期を挙げることで、人々の意識が防災に向くよう注意喚起しているということです。

記事の中では、やはり膨大な研究データを示されていましたので、その信ぴょう性はかなり高いものだと思います。

その中でもとくに共感できるのが、地盤が弱く建物が倒壊しやすい東京の下町地域と、火災の被害を受けやすい環状6号線―8号線間の木造住宅密集地域は注意が必要だということです。

これまでの経験則からも、震災時における被害で大きな原因となるものが火災ということは、すでに事実として周知されているとおりですので、火災を発生させない街づくりが非常に重要になります。

記事にあった鎌田先生も、今は100%の予知を成し遂げることだけに力を使うことをやめ、「防災」ではなく「減災」というキャッチフレーズを掲げ、生活の中で小さな行動を起こすよう人々に呼び掛けているそうです。

ところが、日本では地震という災害だけを考えれば良いわけではなく、台風や火災、雷や竜巻、土石流や洪水など、本当に多くの災害を考慮しておかなくてはいけません。

そんな中で命と財産を守ることを考えれば、RC(鉄筋コンクリート)造の建物を、何としても増やさなければいけないと思います。

災害に強い日本にするために、是非お力をお貸しください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



レッドゾーンまで回せとか。

車と暮らす家を建てるならRCdesign

くもりの東京です。

そんな今日は朝から書類作成、社労士さん来社打ち合わせ、信用金庫さんと電話、税理士さんと電話、渋谷区西原計画検討、若木計画検討、見積もり作成、お問い合わせ対応、書類チェックなど。

午後は来客面談、地盤保証会社さん、資材メーカーさん来社打ち合わせ、大田区北千束計画検討、書類作成、リフォーム計画検討、日野市計画検討、見積もり作成など。夕方は中野区大和町計画検討、練馬区上石神井計画検討、お問い合わせ対応、ミーティングなど。

夜にはまた降り始めました。

ではこちら。

丁寧に乗り続けたのに不調! クルマのエンジンを高回転まで回すべき理由とは

高回転まで回していないのは“運動不足”と同じこと
「イタリア人がきれいな女の人を見かけると声をかけるのが礼儀なように、クルマ好きならエンジンは高回転まできっちり回してやるのが礼儀なんだ」

若いとき、某自動車専門誌の先輩に言われた言葉だ。

実用車からレーシングカーまで、どのクルマにもレブリミット(レッドゾーン)が設けられているわけだが、逆にいえば、「その回転までは回していいんですよ」とメーカーが保証しているってこと。にもかかわらず、普段はそのレブリミットの半分以下の回転しか使っていないという人も多いのでは? そういうエンジンは、運動不足の人間と同じで、だんだん“鈍って”、回転の重たいエンジンになっていってしまう。
2019年7月4日 18時0分 WEB CARTOP

なるほど。

ごく一般的な市民の方達には、全く何の話かわからず、興味を持っていただけないかもしれませんので、今日はスルーしていただいても結構です。

いやまさか今の時代にこのような内容の記事が上がっているとは、ちょっと驚きですが、おおよそ身に覚えのある方なら、常識と思っていたことに違いありません。

若い頃から中古車を探している時、妙にキレイすぎで、走行距離も少なく、奥様のお買い物専用車だったことが想像出来るような車は、大抵が調子がイマイチでしたので、避けるようにしてきました。

実際に全く同じ車種で、グレードも同じ車にもかかわらず、実際に乗ってみると明らかに違うフィーリングを感じることがありますが、調子の良い車よりもどこか重たい印象の車が、一見程度が良く見えたりするものです。

人間の筋トレと同じように、実は車も鍛えることによって、その能力を限界まで使えるようになったり、より健康的な状態を維持出来るようになるんですね。

ちょっと古い車では、渋滞や低速走行が続くことで、エンジン内部に不完全燃焼の燃えかすが蓄積してしまい、ものすごく調子が悪くなってしまいますので、致し方なく定期的に高回転まで回す必要があります。

別に目立ちたいとか、そういう気持ちは全くないんですけど、さもないとエンジンが止まってしまう恐れがあるので、ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解を頂けますようお願い申し上げます。

このような話題も、ややもすると数年後には本当に話が通じなくなってしまうかもしれませんね。

ガソリンエンジンを楽しめる時間が限られているとすれば、少しでも調子の良い状態を維持しながら、楽しい時間を共有したいものです。

車好きの方も楽しめる住まいなら、RC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



新国立競技場の感想とか。

レガシーな家を建てるならRCdesign

雨のちくもりの東京です。

そんな今日は朝から図面作成、提携会社さん来社打ち合わせ、大工さんと電話、その後練馬区上石神井計画の現場へ、その後三鷹方面へ。

午後からはお客様と打ち合わせ、日野市計画の現場へ、お客様と現場視察と打ち合わせなど。夕方からは品川方面へ、提携会社さんの40周年記念式典出席と懇親会など。

弊社も40周年目指してあと3年、がんばります。

ではこちら。

報道陣に公開された「新国立競技場」 ネットの反応は「めちゃくちゃ普通すぎる」

報道陣に3日、建設現場が公開された2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとして11月末に完成する新国立競技場(東京都新宿区)の姿に、ネット上では「普通すぎる」といった意外な?反応も見られる。

建設作業が全体で9割近くまで完了した新国立競技場。五輪開幕まで1年あまりとなって公開されたその“雄姿”に、ツイッターを通じて「めちゃくちゃ普通」「普通じゃね?」「どこにでもあるような」「何とも特徴のない」などとサプライズ感のない受け止めが発信されている。
2019年7月4日 16時30分 東スポWeb

なるほど。

なんとも残念なご意見ですが、これは建築前からある程度想像できていたことだと思います。

もしかするとその経緯もすでに忘れられているかもしれませんが、そもそも今回のデザインに至ったのは、当初コンペで採用された故ザハ・ハディド氏の案だったにも関わらず、後から8万人収容のスタジアムが奇抜な外見で建設作業も難しいキールアーチ構造だったり、巨大で総工費が2500億円にも膨らむ可能性があることから、批判を呼びて撤回されたことがありました。

そこから計画をやり直し、1500億円強のコンパクトなものとして、開閉式の屋根も取りやめとなって、現行の案が採用されました。

実施されることになったのは、日本が誇る世界的建築家の隈研吾氏が設計した案で、木のぬくもりを感じられる「杜(もり)のスタジアム」をコンセプトにしたものです。

木材と鉄骨を組み合わせた巨大な屋根が観客席の上にせり出した形で、緑や茶色など落ち着きのある色の観客席など、日本各地の木材を使用することも、なぜか賞賛されていました。

もちろん日本の巨匠、大先生の案ですから、素晴らしいものに違いないと思いますが、目にした国民の感想が記事にあったようなものだとすれば、それは結果的に感動よりも実務的なコストパフォーマンスを選んだということになるかもしれません。

今回はレガシーという言葉がよく使われますが、新国立競技場が先人の遺産となるか、ちょっと雲行きが怪しくなってきたように思います。

私の個人的な感想では、ザハ・ハディドさんのデザインをオススメしていたので、やはり残念に思いますが、実施された案でも、折角日本の技術と人材を集結して造ったものですので、少なくても国民が愛着を持てるものになって欲しいと思います。

建築工事が期限に間に合ったということも賞賛に値するものですし、間違いなく難易度の高い工事だったと思いますので、日本の技術者と職人のレベルを証明することは出来たのではないでしょうか。 

民間レベルでも、もっと頑張ってデザインと性能を両立させた住宅と街づくりを進めなくてはいけません。

レガシーになる家をお探しばら、是非お気軽にRCdesignまでご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



フランスが暑いとか。

環境変化に強い家を建てるならRCdesign

くもり空の東京です。

そんな今日は朝から大工さんと電話、若木計画検討、日野計画検討、資料作成、お問い合わせ対応、書類作成、防災屋さん来社打ち合わせ、資材発注、リフォーム計画検討など。

午後はシステムメンテナンス、渋谷区計画検討、書類作成、世田谷区大原計画検討、お問い合わせ対応、来客面談など。夕方は図面作成、原稿作成、社会福祉法人さんと連絡、練馬区上石神井計画検討、大工さんと電話、ミーティングなど。

夜には雨になりました。九州地方が心配です。

ではこちら。

フランスが暑すぎる。日本最高気温を記録した熊谷市もビックリレベル

先週、ヨーロッパは高気圧に覆われた影響で、最高気温の記録が塗り替えられました。先週の木曜と金曜には、少なくとも5カ国で6月の最高気温が観測され、フランスにおいては数十の気象観測所で観測史上最高気温が記録されたのです。

先週1週間、高気圧が居座って晴天が続き、アフリカからの暑い空気が流れ込んだことで、西ヨーロッパは猛烈な暑さに襲われました。気候変動も一因となって、熱波が発生。ヨーロッパが直面しているような気候パターンに、北極での急激な温暖化も影響していると示す研究もあります。
2019年7月3日 7時0分 ギズモード・ジャパン

なるほど。

本当に地球は大丈夫なのか、とても心配になってしまう状況が世界的に続いているようです。

日本では大雨災害に見舞われていますし、中南米のメキシコでは大量の「ひょう」が降り、最も多いところで2メートルも積もったそうで、家や車が被害を受けているそうです。

一方で他のニュースによると、「世界全体で見ても2019年6月の平均気温は観測史上最も暑く、特にヨーロッパではこれまでにないレベルで異常な猛暑を記録した」という発表がありました。

この酷暑によって、先週木曜にはアンドラ公国、ルクセンブルク、ポーランド、チェコ共和国そしてドイツで6月の月間最高気温記録が更新されることになりました。

その影響でドイツでは道路がゆがむ恐れからアウトバーンを減速制限することになっているそうですし、スペインでは動物のフンから発火して山火事が発生しているという記事もありました。

そしてフランスも、先週に6月の月間最高気温を記録したそうですが、翌日にはさらなる暑さに見舞われ、南フランスにある小さな町ガラルグ=ル=モンテュでは45.9度を記録したそうです。

これが観測史上の最高気温になったそうで、フランスで45度以上を観測したのも今回が初めてということです。

ちなみに日本の観測史上最高気温と言えば、昨年の7月23日に観測された埼玉県熊谷市の41.1度ということになっていますね。

記事にあった南フランスの場所は、日本の札幌とほぼ同じような緯度に位置しているようですので、日本だったら、北海道の札幌で45度を超える日が来るということです。

なんだか夏前の梅雨の時期に、なかなか恐ろしいニュースが続きましたので、夏の本番が思いやられますが、夏の暑さというものの質が変わってしまったということに間違いはありません。

すでに我慢をするという範囲を超えていて、健康や人命を脅かす状況になっているということを、しっかりと認識したうえで、対処をしないといけません。

昭和の時代はエアコンの使用を我慢していた記憶もありますが、今のエアコンは消費電力も少なく、経済的負担も少なくなっていますので、暑さを我慢する必要はありません。

健康と命を守るために、奮ってエアコンを使ってください。

より効率的に省エネを実現するなら、住まいはRC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



災害の恐れです。

災害に強い家を建てるならRCdesign

雨のち曇りの東京です。

そんな今日は朝から設備機器メーカーさんと電話、大工さんと電話、若木計画検討、構造担当と電話、新宿区東五軒町計画検討、郵便局、中野区上鷺宮計画のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。渋谷区計画のお客様とお電話など。

午後はメーカーさんと電話、資料作成、警備会社さん来社、来客面談、若木計画の現場でオーナー様と打ち合わせ、帰社後は構造担当と電話、お問い合わせ対応など。夕方はシステムチェック、日野市計画検討、図面作成、ミーティングなど。

被災された九州地方の皆さんには、謹んでお見舞いを申し上げます。

ではこちら。

3日〜4日に災害の恐れ 気象庁が緊急会見

活発な梅雨前線の停滞により、九州を中心に大雨が続いていて、2日午後、気象庁が緊急の記者会見を開いた。

気象庁予報部の黒良龍太・主任予報官は、西日本および場合によっては東日本でも、3日午後から4日にかけて災害発生の恐れがあることを明らかにした。
2019年7月2日 14時46分 日テレNEWS24

いやはや、すでに今日まででも、九州では先週末から梅雨前線の活動が活発化して、災害級の大雨となっているのは、すでにニュース等でご存じの通りだと思いますが、まだここから続くというのは、とても恐ろしいことです。

ニュースの映像でも、河川が氾濫してしまい、道路が冠水して田んぼが見えなくなっていましたので、農家の方々の気持ちを思うと、本当に心が痛みます。

気象庁によれば、明日3日正午までの24時間予想雨量は九州で150ミリ。その後の24時間はいずれも多い地域で九州300〜400ミリ、四国200〜300ミリ、近畿100〜200ミリということで、土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に厳重な警戒が必要としています。

気象庁の会見では「自らの命を自ら守らなければならない状況が迫っていることを認識してほしい」と早めの避難を訴えていましたので、とにかく迷っている時間はありません。すぐに避難行動をとって欲しいと思います。

他の地域の方でも、気象庁のホームページにある、土砂災害や洪水の危険度分布をこまめに確認して頂き、必要に応じて早めの行動を心がけてください。

気象庁の危険度分布はこちら→https://www.jma.go.jp/jp/suigaimesh/flood.html

今年の梅雨前線では、線状降水帯という状況が発生しているそうで、しかも今後も続く恐れがあるということです。くれぐれも最大限の警戒をしてください。

1日も早く天候が回復し、被害が最小でありますよう、お祈りしております。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ