ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京でデザイン住宅を建てるならRCdesign

晴れてもまだ寒い東京です。

そんな今日は朝から設備屋さん来社打合せ、徳丸計画検討、書類作成、宅建協会さん来社、ガス会社さん来社打合せ、坂下計画検討、図面作成など。

午後は世田谷区砧計画の現場へ、社内検査を行いました。帰社後は図面作成、お問い合わせ対応、世田谷区奥沢計画検討、渋谷区神宮前計画のお客様ご来社、ありがとうございます。夕方はガス会社さんと電話、リフォーム工事検討、練馬区田柄計画のお客様とお電話、資料作成など。

RC世田谷2015さて、ここで再度お知らせです。

明後日に迫って参りました4月11日(土)、完成内覧会を開催させて頂きます。

すでにご予約を頂いているお客様も多いのですが、大変貴重なこの機会に是非足を運んで頂きたいと思いますので、ご予定を調整の上ご来場頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

ではこちら。

TOTOのトイレ、ドイツの「レッドドット・デザイン賞」を受賞

TOTOはこのほど、2月に国内で発売したウォシュレット一体形便器「Neorest RH(ネオレストシリーズRHタイプ)」と、海外で販売している「Neorest Washbasin」「CI Series Bathroom Furniture」が、世界のデザイン界で権威のある「レッドドット・デザイン賞」を受賞したことを発表した。

○国内製品1製品、海外製品2製品が受賞

同賞はドイツのノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターが選定をおこなっている国際的なデザイン賞で、1954年に設立。「iF賞」(ドイツ)、「IDEA賞」(アメリカ)と並び世界3大デザイン賞と呼ばれているという。過去2年以内に製品化されたデザインを対象とし、デザインの審美性、革新性などの基準から審査される。今年は56カ国4,928商品のエントリーがあり、その中で同社商品が優れたプロダクトとして評価された。
2015年4月8日 13時11分 マイナビニュース

なるほど。

さすがはTOTOさんです。

今では世界的にも温水洗浄便座の代名詞ともなっているウォシュレットを開発しただけのことはありますね。

pct_type02_01ちなみにこちらの形です。

この「Neorest RH」という商品は、日本国内では2月に発売されていたようです。

何とも丸みがかわいい感じです。メーカーでは、ふくよかな丸みを帯びた便座と凹凸のない裾すぼまりの便器の組み合わせで、主張しすぎない存在感になるようデザインしたということ。

また、この商品ではウォシュレットの機能だけでなく、水道水に含まれる塩化物イオンを電気分解して作られる除菌成分(次亜塩素酸)「きれい除菌水」の自動散布により、ボウル面やノズル部の汚れ分解・除菌機能やニオイを脱臭する機能を搭載しています。

008b一方、トイレのデザインという点では、よりこだわりのあるこちらの便器もオススメです。

こちらはドイツに本社があるデュラビット社の製品で、フィリップ・スタルクというデザイナーがデザインを担当しているものです。

さすがはドイツのものづくりといった感じで、機能性とデザインを高い次元でまとめられています。使い勝手も直感的に操作出来るようになっているので、外国製品とは思えない使い心地です。

もちろん温水洗浄機能もしっかりと付いています。他にはないデザインをお探しの方には、国内製品と同等の価格でお求めいただけますので、ご検討されてみてはいかがでしょうか。

今日は便器の紹介になってしまいましたが、いずれもその用途や好みによって使い分ければ良いと思います。もし迷われたら、お気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ← 応援のクリックを是非!