東京で子ども部屋のある家を建てるならRCdesign

雨のち曇りの東京です。

そんな今日は朝から埼玉県久喜市計画検討、資料作成、文京区大塚計画検討、根津計画検討、練馬の不動産会社さんと電話、提携会社さんと電話、お問合せ対応など。

午後からは三鷹方面へ、お客様と打ち合わせなど、ありがとうございます。帰社後は提携会社さんと電話、文京区根津計画のお客様とお電話、葛飾区新小岩計画検討など。夕方は金融機関さんと電話、練馬区平和台計画検討、資料作成、ミーティングなど。

今日も寒い一日でしたね。まだまだ体調管理にはご注意ください。

ではこちら。

子ども部屋のレイアウトのコツやプランのポイントを知りたい!

「子どもが伸び伸び成長できるような子ども部屋をつくりたい! 」と考えるママは多いはず。でも、家の面積には限りがあり、子ども全員に広い子ども部屋を与えるのは難しいのが現状ですよね。

そこで今回は、広さの限られた家でも子どもが伸び伸び使えて、自立心が育つような子ども部屋の作り方を考えてみましょう。
2018年2月22日 17時59分 暮らしニスタ

なるほど。

確かに、子育て世代の住まいづくりでは、子ども部屋をどうのような形にするべきか、悩むところだと思います。

そこでは、いつどんなタイミングでどのような形の部屋を用意するか、悩みは尽きないかもしれませんね。

記事では、子どもが欲しがった時に、希望を叶えられるタイミングが良いというようなことが書かれていました。

ちょうど住まいづくりのタイミングと子どもの成長が合えば、それは都合が良いと思いますが、どの家庭でもがそうそう都合よくは事が進むとも限りませんし、子どもは想像以上に早く成長するものだと思いますので、セオリーや教科書に縛られることがないようにした方が良いと思います。

ということは、そのタイミングによって子どもの年齢も違えば、性別も違いますので、必ずこうしなければいけないということはなく、現在の年齢からあと何年学業があるか、好みの趣味や部活はどのようなものかなどを考慮する必要があるでしょう。

もしこれから小学生というような場合でしたら、近年の流行を取り入れたリビング学習を基本にしたいと思われることと思います。

その場合は個室は最小限で良いと思いますが、むしろリビングに子ども用の収納を用意しておく必要がありますね。

子ども部屋の広さについて言えば、上記の場合なら3〜4帖でも十分で、机を置かずにベッドと本棚だけでも役割を果たす事ができます。

学業も終盤の高校生以降という子どもの場合は、自立心とプライベートな空間が必要ですので、もう少し広く4.5帖〜6帖くらいを用意したいところです。

弊社でも多くの実例がありますが、まだ就学前という場合は、個室を作らず10帖程度の部屋を用意しておき、将来的に家具で仕切ったり、間仕切りをして個室を作れるように計画してある場合も多いです。

最初は2段ベットやベット下を机にして利用するなどが楽しいものですし、この場合ならある程度まとまったプレイスペースを確保できますので、遊ぶための空間としても有効でしょう。

記事にもありましたが、子ども部屋では安全性をより重視したいところですので、収納や窓の位置と大きさに注意が必要だったり、日当たりが良すぎると集中力に欠けたり、南の窓では部屋の明るさが変化しやすいので、勉強がし難くくなることもあります。

親としては、少しでも広く快適な子ども部屋を用意してあげたいと思うかもしれませんし、それが親の威厳だったり見栄かもしれません。

しかし広くても余計なものが増えるだけだったり、あまりにも快適で部屋から出てこないという事になったら、本末転倒な結果になってしまうこともあるかもしれません。

多少窮屈でも、効率的なプランがありますし、本人の工夫で楽しむことができれば、その方がきっと良い思い出になるでしょう。

子ども部屋のレイアウトに迷ったら、是非お気軽にRCdesignまでご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング    ←ご声援を是非!