オリジナルな家を建てるならRCdesign

晴れのちくもりの東京です。

そんな今日は朝から大工さんと電話、日野市計画検討、見積作成、サッシ屋さん来社打ち合わせ、資料作成、久喜計画検討、お問い合わせ対応など。

午後からは有楽町へ、港区白金でご検討中のお客様と打ち合わせなど、ありがとうございます。帰社後は板橋区赤塚計画検討、見積作成、賃貸管理業務、高島平のお客様と連絡など。夕方は渋谷区のお客様とお電話、日野市計画のお客様とお電話、資料作成、ミーティングなど。

日中は暑く感じるくらいでした。度重なる自然災害にお疲れのことと思いますが、今週も土曜日恒例の家づくり講座第415回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

業者を選ぶ時、まずは新築する地域にどんな業者がいるのかを調べます。そして、気になる複数の業者と接触し、最終的に一社に絞ります。

この時、依頼先をなかなか決められない人がいます。

「A社は価格が魅力的。B社は耐震性や断熱性が優れているから安心して暮らせそう。でも、アフターフォローが丁寧なC社も捨てがたい…」といった具合に。

確かに、それぞれの業者には長所も短所もあるので『最も優秀な業者』を選ぶのは難しいですよね。「全部の業者のいいとこ取りをしたい」という気持ち、よくわかります。

しかし、最も優秀な業者を選んでも、あなたが望む家づくりはできません。

なぜなら、あなたが家づくりする理由は、あなたと家族が幸せになるためだからです。

そのためには、『最も優秀な業者』ではなく、『あなたの家づくりに最も共感し、それを実現してくれる業者』を選ぶ必要があります。

そんな業者を選ぶにはどんな家づくりをしたいのかが明確でなければなりません。でないと、打ち合わせの度に気持ちが揺れ動きます。それを繰り返すと、あなたも業者も疲れ果ててしまうことでしょう。

例えば内壁。壁紙にする?塗り壁にする?壁紙にするとしたら、素材はビニールクロス?紙クロス?織物クロス?では、そのデザインは?壁紙は部屋ごとに変える?それとも統一する?

…結構大変ですよね。

このとき、
・多少高くても、健康を最優先にした壁紙にしたい
・子供が汚してもストレスが溜まらないよう、汚れや傷が目立たないものがいい
・ほかの部分に予算を回したいから、価格を重視したい
など明確な基準があれば考えが迷走することはありません。住み始めてから後悔する可能性も低いでしょう。

あなたの心の中には、「こんな家づくりをしたい」という明確な基準ができていますか?

できているなら、後は、それを叶えてくれる業者を探せば良いだけです。もしできていない状態で話を進めると、何も決められなかったり、後悔する可能性が高くなります。

そういえば、外食をする時、どこに行くか長時間迷う人がいますよね。やっとお店についても、メニューを見て延々と迷ったり。

その理由は、その人の中に明確な基準がないからです。

あなたには、そんな傾向はありませんか?

もしあるのなら、外食をする前に、明確な基準を設けるよう習慣づけてみましょう。その習慣は、家づくりにも役立ちますよ。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援をヨロシク!