東京で憧れの家を建てるならRCdesign

晴れ時々くもりの暑い東京です。

そんな今日は朝から小平市花小金井計画検討、見積作成、地盤調査会社さんと電話、文京区根津計画検討、お問合せ対応、三鷹の不動産会社さんと電話、さいたま市南区別所計画検討、書類作成など。

午後は事務組合さん来社打ち合わせ、その後港区新橋のお客様宅へ、お打ち合わせなど。夕方帰社後は書類チェック、原稿作成、文京区本郷計画検討、書類作成、ミーティングなど。

すでに一週間も夏日が続いているようですが、引き続き体調管理には十分ご注意ください。

ではこちら。

小学生のなりたい職業ランキング、男子「スポーツ選手」女子「教員」がトップ

小学6年生の将来なりたい職業1位は、男子が「スポーツ選手」、女子が「教員」であることが、クラレの調査によって分かった。

男子の将来なりたい職業1位は昨年に引き続き「スポーツ選手」(18.4%)となった。2位は「研究者」(8.8%)、3位は「ゲームクリエイター」(5.8%)だった。今年は「公務員」が15位から9位に大きく順位を上げ、10位以下では中学生プロ棋士に注目が集まる「棋士」(0.6%)との回答もあった。
2017年7月11日 5時0分 Gadgetwear

なるほど。

定番のニュースではありますが、それなりに時代を映す鏡として何かの参考になる部分もあるのではないでしょうか。

それでも上位には大きな変動はないようですが、昭和の時代にはなかったであろうゲームクリエイターが3位に食い込んでいるのは、やはり時代と言えると思います。

記事にもあったように、今後は棋士という職業も人気になってくるかもしれませんし、その前にユーチューバーなども順位を上げてくるのではないでしょうか。

一方で15位から9位と順位を上げたのが公務員ということですので、これも時代を反映したものだと思います。

これは子どもが大人の言動や空気感から感じたことから、それなりに考えた結果のはずです。ということは現在の親御さん達としても、より安定を望んでいるということかもしれませんね。

ちなみに女子の将来なりたい職業1位は「教員」(7.7%)で、昨年2位から順位を上げていたようです。2位は「保育士」(6.4%)と「医師」(6.4%)が同順位だったようで、人や動物・生き物と向き合う職業が上位にランクインしていたようです。

ちょっとびっくりしたのは、多くの職業の中から、7位に建築家、10位に大工・職人が入っていたということです。

これはなかなか嬉しいことで、ご存知の通り建築業界では長い間人手不足、後継者不足に悩んでいるところなんですが、まだ小学生の時点ではトップテンに大工さんが残っていることは希望が持てます。

今のうちから小学生男子にお小遣いを提供するとか、カッコイイ衣装を開発するとか、トレンディドラマの主人公にするとか、なんらかのアプリを作るとか、よりイメージアップを進めておけば、数年後には就活の第一希望になっているかもしれません。

現在弊社でも大工さんの技術を継承してくれる若い人を募集しているんですけど、少子高齢化が進んでいますし、そんな中で小さい頃からの夢を実現しようという方も少なくなっているのでしょうか。

日本の職人さんが持っている技術は、世界最先端と呼んでも差し支えないと思いますが、そんな貴重な技術を継承して次世代につなぎ、今後は海外でもその技術が求められるようになるのではないかと思います。

もし、若い方で少しでも大工さんという仕事に興味を持って頂けたなら、技術の継承にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ご希望の方はRCdesignまで、お気軽にお問い合わせください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング   ←ついでにひとつ!