東京で燃えない家を建てるならRCdesign

くもり時々雨の東京です。

そんな今日は朝から資料作成、業者さんと電話、信用金庫さん来社、都市銀行さん来社打ち合わせ、出版社さんと電話、お問合せ対応、港区東麻布計画検討、書類作成など。

午後からは高田馬場へ、組合会合出席、帰社後は文京区根津計画検討、提携会社さんと電話など。夕方はミーティング、鉄筋屋さん来社、原稿作成など。

湿度を感じるようになりましたね。雨季が近づいているのでしょうか。

ではこちら。

「スピード感持ち進める」 小池百合子都知事、木造住宅密集地域を視察

安全・安心な街「セーフシティ」を目指す小池百合子知事は24日、都内の木造住宅密集地域を視察した。

阪神・淡路大震災の経験を踏まえ、地震による延焼防止対策を重視する小池氏は、「命が関わることなので、スピード感を持って、国や市区町村と連携して進める」と述べた。

都によると、地震で大きな被害が予想される都内の木造住宅密集地域は、JR山手線外周部から環状7号線沿いに多く分布しているといい、人口は約179万人。都は2020年東京五輪・パラリンピック開催までに、市街地の延焼を遮断する道路“特定整備路線”の設置や建物の不燃化、耐久化を進める計画だ。
2017年5月25日 17時38分 産経新聞

なるほど。

さすがは小池さん、重要かつ緊急を要する課題に対して、スピード感を持って進めて頂けるということで、とても頼もしい限りです。

ここでは何度もお話しさせて頂いておりますので、繰り返しになってしまうかもしれませんが、それでもお伝えしなければいけないことだと思えば、何度でも書かせて頂きます。

記事にもありましたように、東京都内にはいまだに木造住宅が密集して建てられたままの地域が多く残っているのが現状です。

先日も書きましたが、2016年12月22日に新潟県糸魚川市で大規模な火災が発生してしまいました。調査によれば、この火災によって、144棟、約4万m2の地域に被害が広がりました。

この被害のあった地区でも、60年近く前から準防火地域に指定されていましたので、本来であれば大規模な火災は起きにくいはずだったんです。

しかし実際には防火対策が十分でない古い木造住宅がまだまだ多く残っていました。そこに風速10m前後の強風が重なってしまい、火災が燃え広がってしまったのです。

東京を災害に強い街にするためには、住宅を燃えないものにしていくことが非常に重要です。

住まいの不燃化に是非ご協力ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング   ←お力添えを是非!