東京で菜園のある家を建てるならRCdesign

くもりで寒い東京です。

そんな今日は朝から葛飾区新小岩計画検討、書類作成、日野市計画検討、見積作成、郵便局、資料作成、板橋区双葉町計画検討、お問合せ対応など。

午後は文京区根津計画のお客様とお電話、ありがとうございます。中野区大和町計画検討、見積作成、提携会社さんと電話、業者さんと電話、お問合せ対応など。夕方は中野区上鷺宮計画検討、さいたま市のお客様とお電話、ミーティングなど。

三寒四温なこの頃です。体調管理には十分ご注意ください。

ではこちら。

野菜のヘタを育てて調理!水に浸すだけのカンタン菜園生活

だんだんと暖かい日が増えてきて、春の陽気が感じられるようになってきました。春は、野菜の栽培に最も適している時季。この春こそ本格的に家庭菜園を始めよう!と思っている人も多いはず。
しかし、一体何から始めたらいいのかわからない……。

そんな人におすすめなのが、料理の際に捨ててしまうはずの野菜の根や茎などを使った再生野菜の栽培。『田舎暮らしの本』4月号の「今日から始める菜園生活」では、手間もお金もかからず、台所で気軽に楽しめる再生野菜栽培について紹介しています。
2018年3月7日 17時0分 宝島オンライン

なるほど。

3月に入ってからは急に暖かな日が増えてきましたし、それに伴って花粉も順調に飛散し、昨日には啓蟄も過ぎましたので、いよいよ春へ移行している感じです。

植栽や菜園好きのグリーンフィンガーの皆さんでは、きっと冬の間に寂しい思いをしていた方も多いのではないでしょうか。

室内の観葉植物なら、冬の間も緑を絶やさずに楽しむことが出来ますが、実りのある菜園や土植えの植物などでは、春が待ち遠しく感じていたと思います。

今日の記事で紹介されていたのは、この時期から手軽に始められる家庭菜園で、しかも再生野菜栽培ということですので、コストもかからずに楽しめそうです。

この再生野菜栽培は、育てる楽しみが大きいうえ、再利用でエコなので家計にも優しいということです。
 
記事によれば、スーパーで買ってきた野菜に付いている根っこや茎など、通常は捨ててしまう部分を使って再び野菜を育てるのが再生野菜ということで、“リボーンベジタブル”ともいわれているそうで、最近注目されているそうです。

これらはもちろん収穫して食べられますし、生長を観察するのも楽しそうですね。また、コストがほとんどかからずに、少なからず食費の節約につながるのも良いですね。今年は寒波などの影響で野菜が高騰していましたので、この機会に覚えておきたいと思います。

記事では、知っておきたい再生野菜栽培のコツが紹介されていましたので、今すぐはじめたい!という方は参考にしてください。

【再生を成功に導く7カ条】
1. 根元や葉は多めに残す。新芽は残す
2. 水はこまめに取り換える
3. 容器にぬめりが出たら洗う
4. 水は薄く張る程度。浸しすぎると腐る
5. 日当たりのいい暖かい場所に置く(約20°Cが適温)
6. 観察を楽しむ
7. 傷んできたらあきらめて処分する

【向いている野菜】
葉が伸びる野菜なら、ほとんどが再生できる。
特に生命力の強いネギ、生長に必要な豆が付いている豆苗、根が付いている野菜は育てやすくておすすめ。

詳しくは記事にあった雑誌を購入して確認して頂きたいと思いますが、春を心待ちにしていた方達は是非お試しください。私も早速チャレンジしてみたいと思います。

楽しい住まいを建てるなら、RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング    ←ご声援を是非!