東京で快適なお風呂の家を建てるならRCdesign

晴れ時々くもりの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、サッシ屋さんと電話、書類チェック、金融機関へ、その後来客面談、打ち合わせ、設備機器メーカーさんと電話、見積作成など。

午後は文京区大塚計画のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。台東区根岸計画検討、見積作成、板橋区蓮根のリフォーム計画検討など。夕方は大田区下丸子計画検討、図面作成、見積作成、ミーティングなど。

日に日に冷え込みが厳しくなっていますね。お体ご自愛ください。

ではこちら。

お風呂を毎日ピカピカに保つためのお掃除のコツ

お風呂掃除というと手間も時間もかかるイメージがありますが、「汚れにくい環境をつくること」「正しい方法で掃除をすること」の2つができれば、何度も大掃除をする必要もなくなります。汚れにくいお風呂場づくりの3つのコツと、効果的な掃除方法をご紹介!

○汚れにくいお風呂場づくりのコツ
(を減らす
物を置いている場所は水分が溜まり、ぬめりやカビの温床になります。ボトルの底がヌルヌルするのは雑菌が繁殖している証拠。毎日使う物以外はお風呂場の外に出してしまい、使う物は乾きやすいように浴室内のタオル掛けに吊るすなど工夫しましょう。
2017年12月6日 10時47分 マイナビニュース

なるほど。

お風呂掃除は日々の家事の中でも、面倒な仕事の上位にあると思います。

それゆえに、週末にまとめてやろうと思ったりして、ちょっとサボってしまうと汚れが落ちにくくなってしまい、負のスパイラルへ突入してしまうこともありますね。

出来れば家族全員に気持ちよく入浴してもらいたいと思いますが、そのためには日々のコツコツ作業が大切です。

少しでも短時間で確実にお風呂の掃除が出来たら良いですね。

記事では汚れにくいお風呂場づくりの3つのコツと、効果的な掃除方法が紹介されていましたので、参考にしてみましょう。

上にも書いてありましたが、やはりまずは汚れにくいお風呂場づくりをする必要がありそうで、そのためにはなるべくモノを減らすということです。

家族が多いと、各自が銘柄の違う専用のシャンプーなどを使う場合もありますが、それらを浴室に置きっ放しにされると、お掃除の時に必ずイラッとしてしまうでしょう。

そんなご家庭では、小さなカゴを用意して、入浴時には自分のシャンプーなどが入ったカゴを持ってお風呂に入るようにすると、お掃除がしやすくなると思います。

コツその2として、記事では換気を徹底するということでした。お風呂場の高い温度と湿度は、カビ菌の絶好の繁殖条件ですので、お風呂場の換気を徹底しましょう。

ただこのお風呂場の換気に関しても、まだまだ間違った使い方をされている人が多いようですので、簡単にご説明しておきましょう。

お風呂場に換気扇が設置されているお宅では、基本24時間可動させてください。もし今の季節で入浴中が寒いという場合は、入浴後すみやかに換気扇のスイッチを入れてください。

この場合、お風呂のドアはしっかり閉めた状態が正しく、ドアが閉まっていることで、一番効率良く換気が出来るように設計されています。

出来れば、その日の最後にはシリコン性のワイパーなどで水気を取り、ドア周辺部や風呂フタなどは乾いたタオルで拭き取っておくと良いでしょう。

記事にあったコツその3は掃除道具を常備しておくということで、これはお風呂場の汚れに合った洗剤と、スポンジなどの道具を一つ用意すれば、お風呂から上がるときにサッと汚れを流して、汚れの蓄積を防ぐことができるということ。

ここで効果的な掃除方法として紹介されていたのは、皮脂汚れ、ぬめり、赤カビ、石鹸カスは「酸性」の汚れですので、酸性の汚れはアルカリ性のセスキ炭酸ソーダで掃除するのがオススメだそうです。

また、「アルカリ性」の水垢汚れには、酸性のクエン酸がオススメで、最近は100均でも粉末やスプレータイプのものを安価で購入することができますので、お試しください。

快適なお風呂のある家をお探しなら、是非お気軽にRCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング← ご声援を是非!