水害にも強い家を建てるならRCdesign

晴れのち雨の東京です。

そんな今日は朝から日野市計画検討、電気屋さんと電話、金融機関へ、信用金庫さん来社打ち合わせ、来客面談、資料作成、渋谷区西原計画検討、世田谷区大原計画検討など。

午後は書類作成、お問い合わせ対応、図面作成、大田区仲池上計画検討、提携会社さんと電話、お問い合わせ対応など。夕方は荒川区西日暮里計画検討、ミーティングなど。

気温の変化にご注意いください。

ではこちら。

わが家の洪水リスクは…?国交省発、河川の洪水危険度ウェブサイト

国土交通省は、水害の危険度を分かりやすく情報提供するため、ウェブ上で河川の上流から下流まで連続的に洪水の危険度を知らせる「水害リスクライン」の一般向けサイトの運用を始めた。まず全国50水系を情報提供の対象とし、年度内に国が管理する全109水系に広げる予定だ。
2019年9月18日 5時0分 ニュースイッチ

なるほど。

これはなかなか有効な情報ではないでしょうか。

実際に確認してみたところ、比較的近い場所にある河川の現在の状況を映像で確認出来たり、水位の変化を確認することが出来るようになっていました。

これなら、台風や豪雨の時に、河川の状況を確認することが出来ますし、危険が迫っていることを自分でも確認出来ますので、場合によっては早めの避難を判断することが出来るかもしれません。

記事によれば、この水害リスクラインはおおむね200メートルごとに水位を計算しているということ。

その位置の堤防の高さと比較することで左右岸別に、上流から下流まで連続的に洪水の危険度を表示するそうです。

これまでは水位観測所の水位から一定区間の洪水危険度を予測しており、より細かく場所別の危険度が判断できるとしています。

河川に近いところにお住いの方や、ハザードマップで指摘されている地域にお住いの方は、ブックマークをされておかれると良いと思います。

ご興味のある方は、是非一度下記のリンクからご確認ください。

{水害リスクライン}
ttps://frl.river.go.jp/

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!