東京で主婦の夢で家を建てるならRCdesign

くもり時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から書類作成、不動産会社さんと電話、税理士さん来社打ち合わせ、信用金庫さん来社、朝霞市のお客様とお電話、北新宿計画検討など。

午後は金融機関へ、中区野毛町計画検討、提携会社さんと電話、日本橋の不動産会社さんと電話、提携会社さんと電話、北松戸計画検討など。夕方はミーティング、中野区江古田計画検討、見積作成など。

今日も夜になってから局地的にゲリラ豪雨がありましたね。おかげで全身びしょ濡れになりました。

ではこちら。

プレミアムな「おそうじ浴槽」 自動で洗浄からお湯はりまで!

毎日使う水回りは、家の中でも掃除が大変な場所の1つ。でも、スイッチを押せば自動でキレイになるのであれば、こんなにラクなことはない。

TOTOは、戸建向けシステムバスルーム「サザナ」のプレミアムHGシリーズから、自動で洗浄やお湯はりをする機能がある「おそうじ浴槽」を8月1日(月)に発売する。おそうじ浴槽は、スイッチを押せば開栓から洗浄、閉栓、そしてお湯はりまでを自動で行う、主婦には夢のような浴槽だ。

汚れ具合に応じて、洗浄を「標準」「強力」「節約」の3つのコースから選べるのもうれしい。毎日、おそうじ浴槽に“家事”を任せていれば、手洗いでの浴槽掃除は2週間に1回程度で済むという。
2016年8月1日 12時56分 OVO [オーヴォ]

なるほど。

いよいよ出ましたね。

日々家事をこなしている奥様や一部の旦那さんからは、そんなものがあったらいいのに、というリクエストが多くあったことと思いますが、なかなか完成された商品は今までにはありませんでした。

私的にも各メーカーさんとお話しする機会があるごとに、そんな機能を開発して頂けないかという提案を何度となくしていたんです。

やはり一般的には毎日、入浴の前後いずれかのタイミングでお風呂掃除をされている方がほとんどだと思います。

しかし、このお風呂掃除というのが、思いのほか重労働ということや、ある程度まとまった時間が必要だったりしますので、高齢者世帯や子育て世代のご家庭では、一番困っている家事と言えるのではないでしょうか。

そこで、記事にあるようにTOTOでは、毎日の浴槽洗いがスイッチひとつで簡単に行えるようにしたということです。

スイッチを押すと排水栓が自動的に開き排水し、底面にある洗浄ノズルから全体にお湯を噴射し、汚れを落としやすくするそうです。そしてその後、洗剤を浴槽とふた全体に吹き付け、汚れに洗剤をしみ込ませ(数回くり返す)最後に、お湯ですすぎ、リモコンの音声で完了を知らせてくれるところまでが自動ということ。

これが汚れの度合いに合わせて、「標準」「強力」「節約」の3つのコースから選べるそうです。メーカーさんの発表では、洗浄時間は標準コースで約7 分(排水時間は除く)、コストは1 回約23 円ということですので、これならさほど気にせず使えそうですね。

また、入浴直後に毎日「おそうじ浴槽」を使用することで、手洗いは2 週間に1 回程度で済むということですので、これなら月に2回だけ自分でお掃除すれば良いということになりますから、だいぶ負担が減らせるのではないでしょうか。

ただし、洗い場だけは自分で洗う必要がありますので、まったくの手間いらずとはまだいきません。あしからずご了承ください。 

新築にしろ、リフォームにしろ、住まいの中でも浴室は特別な空間ですが、そこでくつろぎ、癒やされたりできるのも、清潔にお掃除がされているからこそだと思います。

もちろんデザインが優先される時もありますし、他の機能を優先せざるを得ない時もあるでしょう。

でも、もし家事の負担を少しでも軽減したいという場合には、こんな浴室を選んでみるのも良いのではないでしょうか。

家事負担の少ない家を建てるなら、是非鉄筋コンクリート(RC)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。

 
人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。