東京で賛美の家を建てるならRCdesign

秋晴れの東京です。

そんな今日は朝から資材発注、中野区大和町計画検討、資料作成、構造担当と電話、地盤調査会社さんと電話、文京区本駒込計画検討、お問合せ対応、図面作成など。

午後からは三鷹方面へ、日野計画のお客様と打ち合わせなど。夕方帰社後は来客面談、地盤補強会社さんと電話、お問合せ対応、大田区仲池上計画検討、ミーティングなど。夜は社内行事出席。

今日の社内行事は技能実習生のお別れ会でした。お疲れ様でした。

ではこちら。

IKEA植物実験 罵りと賛美の言葉に驚異の結果

環境は人々の意思、話した言葉や書いた文字に大きく影響される。古人曰く:「相は心によって生じ、環境は心によって転じる」。最近、スウェーデンの家具量販店IKEAが植物に対してある実験を行い、良い言葉と悪い言葉が他人に異なる結果をもたらすことを証明した。

中東の「いじめ防止デー」である5月4日に、IKEAはこの議題に対する人々の意識を喚起するため、前もってアラブ首長国連邦の学校で植物に褒め言葉と罵(ののし)る言葉をかけるテストを行った。
2018年11月1日 22時51分 大紀元

なるほど。

ちょうど今日は、たまたまお客様のご要望でイケアの商品を買い付けしたところだったので、なんとなくリンクしてしまったのか、記事が目に止まりました。

皆さんご存知のイケアでは、家具やインテリア小物などを販売していますが、さすがはスウェーデンの企業と思うような、いろんな活動をされているんですね。

記事にあった実験も、以前から言われていたことかもしれませんが、その目的がいじめ防止デーに対する意識喚起するためとは、国民性かまたは民度というものか、または人間の成熟度というようなものを感じてしまいます。

記事によれば、この実験で植物を賛美する言葉は「あなたが好き」、「あなたがこの世界を美しくさせた」、罵る言葉は「あなたは駄目に見える」、「なんでまだ生きているの?」というキーワードを設定したそうで、この植物に対してかける言葉意外の栽培条件は全く同じということです。

そしてその結果は、一カ月経つと二つの植物の外観に明らかな違いが表れ、褒められた植物は青々として良く成長したということですが、。一方のいじめられた植物は枯れそうになり、葉が垂れ下がるだけでなく、局部ではすでに枯れて茶色っぽくなっていたそうです。

確かに上記のキーワードで罵られたら、そこそこ強い人間でも、きっと心が折れそうになるでしょうし、とても悲しい気持ちになってしまいます。

植物と人間を一緒にするな、という方もいらっしゃるかもしれませんが、この結果を目の当たりにしたら、自分の周りの友人や家族に対して、罵るような言葉を使わないようにしようと思うはずです。

記事にあった、IKEAのスポークスマンが言われた、今回の活動趣旨は、「世界でいじめ反対デーを支持するためであり、今回の活動によって子どもたちにいじめがもたらした悪い作用を理解させるためです」と説明し、「このテーマをベースにして子どもの教育に焦点を当てることが目的であり、また、善なる念の伝播が皆のためになるというメッセージが込められている」と語っていました。

最近はニュースでも話題になることが多い、ネットでの炎上とか、口コミサイトなどへのネガティブな書き込みも、大人による大人に対するいじめのような感じがしますし、たまたまでもそれを目にしたことがあれば、全く関係のないことでも、なんだか調子を崩してしまうこともあるでしょう。

ネットにしろリアルにしろ、一個人でもそのつながりは意外と大きなものですので、意識をしなくても周りに影響を与えてしまうことがあるでしょう。

もし、少しでもより良い家庭や友人関係を築きたいと思ったら、少なからず言葉を選んで話すようにした方が良いと思います。

記事の最後にありましたが、プラスの言葉や善の想いは、自分や周りに良い影響をもたらし、この世界をさらに美しくさせるという。そんな考えを持ち続けたと思います。

当ブログでは炎上をお断りしておりますが、ポジティブな言葉は大歓迎です。

賛美を受ける家を建てるなら、是非RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援を是非!