東京で健康住宅を建てるならRCdesign

晴れて冷え込んだ東京です。

そんな今日は朝から5丁目のお客様宅訪問で現調など、郵便局、帰社後は書類作成、その後高田馬場計画の現場、お客様宅訪問、打ち合わせなど。

午後に帰社後は商社さん来社、都市銀行さん来社、設備屋さんと電話、お問い合わせ対応、豊島区東池袋計画検討、見積作成、文京区大塚3丁目計画検討など。夕方はお客様とお電話、資料作成、三鷹市計画検討、ミーティングなど。

全国的に強烈な寒波が襲ってきているようです。養命酒を飲んで暖かくしてお過ごしください。

ではこちら。

徳川幕府より古い養命酒が新機軸 ラップ調リズムゲームで「飲んで温まれ」

徳川幕府が開かれる前年の1602年(慶長7年)に誕生し、400年以上の歴史がある「養命酒」が、ラップ調のリズムゲームを公開した。何とも意外な取り組みに見えるが、ツイッター上では人気だ。

ゲームで使われるオリジナルソングを歌うのは、MC Yomay(ヨウメイ)とDJ Shu(シュウ)のユニットで、「胃腸、重要、温めよう」と韻を踏んで養命酒の効能を歌い上げ、ユニークさが際立っている。

「Yo! May! Shu!」と連呼、「妙にクセになる」
養命酒製造(本社・東京都渋谷区)が2016年11月28日から17年3月26日まで実施中の「胃腸de上々!キャンペーン」は、特設サイトでリズムゲームをプレーし、高得点者にプレゼントが当たるというもの。スマートフォン(スマホ)かパソコン(PC)のブラウザで挑戦できる。
2017年1月11日 11時30分 J-CASTニュース

なるほど。

確か30代に入ってしばらくした頃だったでしょうか。それ以前に比べて明らかに体力の衰えを感じて、一度養命酒を購入してみたことがあります。

当時は1本を飲み終えたかも記憶が定かではありませんが、それ以来はお世話になっていないものの、ここに来てまたこの養命酒の購入を検討していたところです。

こんなことを言うと諸先輩方に怒られそうですが、そもそも若い頃から虚弱体質で胃腸が弱く、アレルギー体質で食も細かったこともあり、最近は一層衰えを感じることも多くなってきていたんです。そのわりに体重は順調に増えてしまうんですけどね。

もしかすると、年末年始の暴飲暴食で胃腸が弱っているという方や、冷え込みが厳しくなっている中で調子を崩されている方もいらっしゃるかもしれません。

養命酒といえば、滋養強壮や虚弱体質を改善する効能があるということで、体が弱ってきたと感じる中高年の愛飲者が多いそうですが、血行や代謝の促進により、冷え症や肉体疲労、胃腸虚弱にも効き目が認められているという、日本人には相性の良い薬用飲料のようです。

そんな養命酒が徳川幕府よりも古く、400年以上の歴史とはびっくりですが、今日の記事によればあまり縁の無い音ゲーを公開したということですので、これまたちょっとびっくりですね。

さらに、このゲームの得点によってはプレゼントをもらえることもあるということですので、日頃ゲームに縁の無い方もチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

養命酒製造株式会社 「胃腸de上々!キャンペーン」

まだまだこれからが寒さの本番です。体調管理には十分注意して、健康に過ごしたいと思います。

400年の耐久性があるかはわかりませんが、RC住宅なら可能性はあります。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←今年もどうぞよろしく!