東京で涼しい家を建てるならRCdesign

晴れて猛暑続く東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、板橋区双葉町計画検討、文京区本駒込計画検討、社労士さんと電話、書類作成、港区高輪計画検討、お問合せ対応など。

午後は日野市計画のお客様とお電話、内装建材メーカーさんと電話、資料作成、各種検討、その後葛飾区新小岩計画の現場へ、現場確認、大工さんと打ち合わせ、オーナー様と打ち合わせなど。夕方帰社後は出版社さんと電話、書類作成、お問合せ対応、ミーティングなど。

酷暑お見舞い申し上げます。想定外の暑さが続いております、くれぐれもお身体お大事にしてください。

ではこちら。

フランスが20年ぶり2度目のW杯制覇! ポグバ&ムバッペが鮮やかゴール、計6発の打ち合い制す

2018 FIFAワールドカップ ロシア決勝が15日に行われ、フランス代表とクロアチア代表が対戦した。

ついにファイナルを迎えたロシアW杯。20年ぶりの大会制覇を狙うフランスはMFポール・ポグバやFWアントワーヌ・グリーズマン、FWキリアン・ムバッペらが、初優勝を狙うクロアチアはMFルカ・モドリッチ、MFイヴァン・ラキティッチ、FWマリオ・マンジュキッチらが先発に名を連ねた。
2018年7月16日 1時53分 SOCCER KING

なるほど。

もしかすると、W杯ロスで夜に時間を持て余している方も多いのではないでしょうか。

1ヶ月にわたる深夜のドラマ観戦が終わってしまった寂しさと、寝不足から解放される安堵感を感じていますが、酷暑が続く日本では限界が近かったかもしれません。

今大会全体の総括は、すでにいろんなところで語られていることと思いますが、やはり今回も歴史が動いた大会だったと思います。

エムバペともムバッペとも言われる19歳の10番が活躍するし、カウンター攻撃の速さがパスサッカーよりも得点を取れたり、またVARというビデオ・アシスタント・レフェリーなどの新しい審判の判定方法が導入されるなど、試合の結果にも大きく影響したのではないでしょうか。

それでも、やはり今回も強いから勝つのではなく、勝ったから強いチームということを感じました。

決勝戦の試合で、我が家ではクロアチアを応援していたんですけど、その日の運であったり、いろんな相性みたいなものもあるでしょうし、最後は時代の寵児に決められた格好になってしまいました。

もちろん、フランスも20年ぶりの優勝を目指して、コツコツと人材を育成してきたことや、チーム作りと戦い方を研究してきた結果に違いありません。

一方で、日本代表はもちろんのこと、出場各国のどの試合も良いゲームが多かったように思います。今回出場出来なかった強豪国も多かったのですが、流石に予選から勝ち上がってきたチームはどの国も素晴らしいチームだったと思います。

日本ではすでに4年後の話題になっているようですが、これまで日本代表を引っ張ってきたオジサン選手達は代表を引退することを表明していますし、2年後の東京オリンピックも含めて、新たな日本代表チームを作る作業が始まりそうですね。

ちなみに何年か前までは我が家の次男も代表入りを目指していましたが、早々に辞退することを決めたようですので、同年代の選手の皆さんには、是非頑張ってもらいたいと思います。

W杯では、選手もさることながら、監督やコーチ、スタッフなどの経験も大きな財産と戦力になると思いますので、そんな経験をひとつでも多く積むことが、まだまだ必要なのかもしれません。

最後に、タラレバを言わせてもらえるなら、今回の日本代表はベスト4に残れた可能性があったように思いますし、それゆえに残念さと次の期待感も高まっているのだと思います。

日本の次のスターを楽しみに待ちつつ、厳しく暖かくサッカー日本代表を応援していきたいと思います。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援を是非!