ブログネタ
LOHAS-HOME に参加中!

うーさぶっ!って今日は5回言ったかな?雨が止めばすっかり冬の空気に占領されていたりするんですね。

そんな今日は、朝から内装屋さんと打ち合わせ、世田谷方面の計画とか、信用金庫来社。北町のお客様からお電話頂きました。坂下の基礎コンクリート打設があったんですが、雨の予報が好転してくれて良かったです。

午後は資料作成、西台のお客様来社、タイル屋さんと打ち合わせなど。

今日のニュースは、なんか縁起でもないですが、

[大地震]犠牲者の10日以内の埋葬困難

 京大防災研推計

 東南海・南海地震など大地震による想定犠牲者数が被災自治体の火葬場の能力を大幅に超え、災害救助法が定める10日以内の埋葬が実現不可能なことが、京都大防災研究所の推計で分かった。研究グループは「火葬は復興の重要なプロセス。自治体間の広域連携などを早急に具体的に検討すべき」と指摘している。
2005年10月31日15時31分 毎日新聞
 
ということは、土葬とかになるんでしょうか?そんなことしたら、臭いとか、虫とか、病気とか出そうだし、幽霊とかも・・・
 
いや、冗談ではなくて、こんな問題も起こる可能性があるんですね、
ここで、内緒の話なんですが、阪神、新潟の大地震で実は現地で最も不足していたものは何か知っていますか?
 
答えはトイレなんです。
これも冗談ではなくて、水洗トイレは使えませんし、くみ取り式も機能しません。避難所などの一部では使えるところもあったようですが、それでも全然足りなかったそうです。農村でも今では水洗トイレだったりしますから、肥溜めなんてそうそう無いですし、あってもそこで用を足せますか?
 
一番重宝されたのが携帯トイレだったんです。なかなか想像出来ませんけど、今の時代は食料などは何とかなるそうですので、乾パンよりも携帯トイレの方が必要かもしれません。
 
ま、何より地震ごときで犠牲者を出さないようにしておけば良いんですよね、その為に私なりに鉄筋コンクリート住宅の普及に注力致します。
 
それでは!
 
あれ?10月終わってる・・・
まいったなー
 
今日もよろしくお願いします。