ブログネタ
LOHAS-HOME に参加中!

おさぶうございばす。鼻づまりな私です。

そんな私の今日は朝から渋谷方面の消防署提出書類作成、赤塚図面作成など。

午後は練馬から新規お客様来社、打ち合わせ。その後も来客数件、西台段取り、赤塚現場は基礎コンクリート打設しました。夕方は雑務。

まずはこのニュース。

[寒気]日本列島、再び大雪の恐れ 死者は57人に

 日本列島は7日も日本海側を強い寒気が覆い、北陸から山陰地方にかけて断続的に雪が降っている。気象庁によると、7日午後から8日早朝にかけて、上空約5000メートルの温度が氷点下40度の寒気が北日本に、氷点下30〜36度の寒気が東日本と西日本に流れ込むため、全国的に大雪となる恐れがある。また、内閣府の6日午後2時現在のまとめによると、昨年12月以降、雪による死者は全国で53人。この集計後にも新潟県で2人、長野、富山両県で1人ずつが死亡しており、死者は計57人になった。
2006年01月07日12時03分 毎日新聞
 
いや本当にすごい雪です。以前にもお話したと思いますが、私の両親は新潟県出身で、新潟県内でも豪雪地帯と言われているところなんです。私が小学生のころ冬休みに帰郷した時にも今回みたいな大雪の時があったと記憶しています。たしか2階の窓から出入りしたと思うんですが、たぶんその時以来の大雪かもしれませんね、
 
スキーとかする方はご存知のとおり新潟の雪は重たいんですね、すごく水分を含んでいるんです。そんな雪が屋根に数メートルも積もると総重量は数十トンにもなるんですから恐ろしいですよね。
 
関東地方の家では確実につぶされると思いますが新潟などの豪雪地域ではそれなりの対策がなされているので、なんとか持っているという感じでしょうか。
 
それでも大きな地震を受けた建物で、補修もされていないものではかなり危険な状態だと思いますので心配です。
 
今日ももうひとつ。

書き損じ年賀状寄付して 海外の子ども支援で

 書き損じの年賀はがき10枚が牛乳100杯に−。アジアの恵まれない子どもを支援する東京の特定非営利活動法人(NP0法人)「シャプラニール=市民による海外協力の会」(大橋正明代表理事)が、投函(とうかん)する前の官製はがきや切手の寄付を呼び掛けている。 同会はバングラデシュやネパールの民間組織と協力し、路上で生活する子どもが安心して眠ったり学んだりできる施設を運営する支援活動をしている。 はがき30枚は読み書きを学ぶ「青空学級」の、50枚は子どもが眠る施設のそれぞれ3日分の運営費になるという。未使用なら古いはがきも受け付ける。
2006年01月07日07時15分 共同通信
 
おっ、なんか自分でもできそうな活動だ。
皆さんもいかがでしょうか。
 
それでは!
 
いつもありがとうございます。