ブログネタ
LOHAS-HOME に参加中!

いやはや、今日はいったい・・・

朝一で渋谷方面へ、昨年から施工させていただいていた物件の引渡しに。

渋谷区という都心で狭い道路という条件の中でもなんとか竣工の運びとなりました、各種機器の取り扱い説明と鉄筋コンクリート住宅の住まい方などをご説明させていただきました。弊社を御利用いただき誠にありがとうございました。

建物はお引渡ししてから本当のお付き合いの始まりです。末永くお付き合いいただきたいと思います。

で、午後は鳩ヶ谷方面へ、そうです、完成見学会を開催していたんですね。すでにお客様がご来場されていてスタッフが対応してくれていました。現在建築途中の赤塚のオーナーご夫妻にもご来場頂きありがとうございました。

しかーし、雨がどんどん強くなってきて最悪の状態になって、おまけに地震までくるしまつでした。

でも本来はこんな日に見るほうが貴重だったかもしれませんね、室内における雨の音、気密性、断熱性など、さらに地震時の安心感まで体感できたんですからね。

明日も引き続き完成内覧会を開催していますので、ご都合の合う方は是非ご来場くださいね。お待ちしております。

夕方帰社後は雑務。成増のお客様からお電話。

今日はこれです。

[アジアの世界遺産]写真と映像で紹介「SOS展」始まる

 内戦の最中に破壊されたアフガニスタンのバーミヤン遺跡や地震で崩れたイランのバム遺跡など、危機に直面するアジアの世界遺産(危機遺産)を写真と映像で紹介する「世界遺産からのSOS展」(毎日新聞社など主催)が14日、東京都台東区の東京芸術大美術館で始まった。2月5日まで。観覧料は当日券が一般500円、大学生・高校生300円、中学生以下無料。
2006年01月14日14時02分 毎日新聞
 
見に行きたいですね、テレビのニュースなどでところどころ目にして気になっていたんです。危機遺産は世界137カ国の世界遺産812件のうち、特に「武力紛争、自然災害、大規模工事などによって遺産としての価値を損なう恐れのある」として登録された34件を指す。ということらしいですが、なんでも中東を含むアジアの危機遺産は10件もあるということですから、アジアの地球人はホント、考え方を改めなければいけません。
 
遺跡を含めた地球環境を維持し、次世代に引き継ぐのがわれわれの使命なんですよね、そうゆう意味でも現状をしっかり把握しておくのは大切ですね。これもLOHASです。
 
それでは!
 
こちらもお願いいたします。