ブログネタ
LOHAS-HOME に参加中!

昨日、今日と少し暖かな日が続いてくれていますが、そうなるとなんだかむずむずと感じるこの頃です。

そんな今日は朝雑務、その後中板橋の見積もり作成、商社来社など。

午後は来客、打ち合わせ。高田の馬場の不動産屋さんからお電話、その後西台見積もり。夕方FAX。西台お客様とお電話、工事の行き違いによりご迷惑をお掛け致しまして、申し訳ございませんでした。

まだまだ至らぬところも多々ございますが、これからもご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

日々勉強中の私たちですが、真摯にコツコツとがんばりますのでご支援賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

さて、今日のニュースから。

[耐震偽造]事件の再発防止案を提示 国交省

 耐震データ偽造事件を受けて国土交通省は30日、建築行政の見直しを議論している社会資本整備審議会の基本制度部会に、再発防止策案を示した。これまでの議論を集約した内容で、違法建築物を設計した建築士の罰則強化や、建築確認時に第三者機関によるダブルチェックを導入して監視を強めることなどが柱となっている。同部会は2月末に中間報告をまとめる見込み。同省は、中間報告を受けて建築基準法や建築士法の改正案を国会に提出する方針だ。
2006年01月30日12時03分 毎日新聞
 
んーまだまだ議論の最中という感じの内容ですが、こうしている時にも建物の新築工事は進んでいるので、なるべく早くまとめてほしいと思います。
 
今までの紳士協定的モラルの信頼が失墜した以上、私は設計、施工の各段階で複数のチェックが必要だとも思いますが、同時に利権が発生したり、施主の時間的損失が出ないようにしてもらいたいと思います。
 
当然、実務上のシステムとしてそれに携わる人それぞれの立場でもチェック機能が働くような形を各業者が作る必要もあると思います。
 
がんばります!
 
最後にこちらもよろしく!