ブログネタ
LOHAS-HOME に参加中!

夏までカウントダウン!って感じですね、梅雨ももう少しの辛抱です。

そんな今日は朝からパース作成、池袋のお客様とお電話、内装屋さんと電話など。午後は金融機関へ、その後消防団。帰社後はパース作成。

いよいよお盆前の駆け込み仕事も山積みって感じですが、夏休みまで辿り着けるのかちょっと不安なこの頃です。

そうは言っても愛妻家で子煩悩な私としては何が何でも家族サービスのためにがんばるのだ。

で、今日のニュースは。

[平均寿命]日本人はどこまで長生きできる?

 05年の日本人の平均寿命は6年ぶりに前年を下回ったと厚生労働省が発表した。とは言え、女性は21年連続の1位(85.49歳)、男性も世界4位(78.53歳)と相変わらずの長寿国ぶり。不老長寿は人類長年の夢。さて、日本人はどこまで長生きできるようになるのだろう。【高橋昌紀】
2006年07月28日13時32分 毎日新聞
 
ほっほー。やはり日本の女性は強いんですな・・・
いや、長生きしていただければ、それは大変喜ばしいことですよ。
 
でもこの長寿命の要因は何かというところがやっぱり気になりますよね。
 
このニュースではこう言ってます。
 

「終戦直後と比べると、平均寿命は約30歳も延びた。同研究所情報調査分析部の石川晃第2室長は医療技術・設備の進歩や生活水準の向上が要因と説明。乳幼児や若年層の死亡率が低くなったことも長命化に寄与していると指摘する。」

 

やっぱり、直接的な要因としてはこのような理由になるんでしょうね。

 

私はもう一つの要因として住環境の改善が大きく関係していると思います。

寿命も西高東低ということは以前から言われていましたが、やっぱり冬の厳しさは生命には辛いんですよね。

 

近年、住宅の断熱性能や気密性能が向上したおかげで、住宅内での事故も少なくなってきたことも要因のひとつだと思うんです。

 

でもここにきて、何となく懐かしさや、デザインなどで、住宅を考える人もいるようなので、ちょっと心配な気もします。

 

ま、何事も本人の自由なんですけどね。

 

それでは!

 

こちらも自由ですが・・・

人気blogランキング