ブログネタ
LOHAS-HOME に参加中!

お盆ですね。

まずは残暑お見舞い申し上げます。

ということで、今年の弊社は変則的なシフトを組んで前半と後半に分かれて夏期休暇を頂いていますが、前半組は昨日までで、今日からの出勤でした。

そんな今日は朝から貯まりに貯まったメールの処理とか、その後目黒区役所に電話、確認申請協議など。雑務の後電気屋さん来社とか。

午後は成増計画とか目黒計画検討など、その後関連設計士さん来社、打ち合わせ。夕方はニュースレター執筆など。

そんなわけで私の夏休みも終わってしまいましたが、世の中的にはお盆の真っ最中ですね、おかげで都内の道はスイスイで移動できます。

って思っていたらこんなニュース。

[大停電]3時間後復旧 139万戸、乗客31万人に影響

 14日午前7時40分ごろ、千葉県浦安市と東京都江戸川区の間を流れる旧江戸川で、クレーン船が東京電力の高圧送電線に接触し損傷させた。このため、都内14区などの事業所を含む約139万1000戸が停電。東京メトロなどが運休し約31万人の乗客に影響が出た。停電は約3時間後の午前10時44分に全面復旧した。
2006年08月14日20時03分 毎日新聞
 
はぁー本当に弱いんですね、東京って。
 
そりゃもう電車は止まるし、信号も止まってましたし、エレベーター、空調、水道だって止まっちゃうんですからね、そんな中大きな被害が出なかったのは不幸中の幸いだと思います。
 
今回はたまたま私たちの地域に影響が無かったんですが、電気エネルギーに頼る今の生活はそのリスクも考えておかなくてはいけないと思いました。
住宅関係ではオール電化を進める風潮が盛んですが、その根幹が以外にも脆いということを露呈してしまった事件でしたね。
 
話変わって今年の我が家の夏休みは台風に会いに行って来た感じで終わりましたが、それでもこんがり焼けた息子たちを見ることが出来たから良しとしましょう。
 
しかし、まだまだ夏は終わっていませんから隙を突いて海にくりだそうと企んでいます。
 
お休み中も、そうでない時も応援よろしくお願い致します。