ブログネタ
LOHAS-HOME に参加中!

残暑厳しい折、如何お過ごしでしょうか。すっかり元気な太陽ですね。

そんな今日は朝からさいたま市の計画。その後関連不動産会社社長来社、打ち合わせ。その後相生町のお客様来社、先日の花火大会では屋上から見学出来たとか、よかった。来年は家族で御邪魔しようかな。中央区方面のお客様に南長崎の現場をご覧頂きました、ありがとうございました。

午後も計画、その後目黒計画構造設計。あとは雑務など。

夕方はちょっと早く帰宅して、地元町会の盆踊りへ、いや暑かった。でも何だかここ数年では一番の賑わいだったような気がしました。

人が増えて町会とかが盛り上がってくれるといいと思うんですが、ここの町も確実に高齢化していますから、新しい家族が増えてくれるといいですね。

さて、今日はこれ。

<高校野球>駒大苫小牧と早稲田実が20日の決勝で対戦 

 第88回全国高校野球選手権大会19日は準決勝2試合が行われ、73年ぶり史上2校目の3連覇を狙う駒大苫小牧(南北海道)と夏の初優勝を目指す早稲田実(西東京)が、20日の決勝で対戦することになった。第1試合では、駒大苫小牧が智弁和歌山(和歌山)と序盤は打撃戦を演じながら、3番手で登板したエース田中が五回以降を無失点に抑えてリードを守り、7―4で勝ち3年連続3回目の決勝。第2試合は、早稲田実のエース斎藤が春夏通じての初出場で4強に進出した鹿児島工(鹿児島)から毎回の13三振を奪って3安打完封、5―0で完勝。1年生の荒木大輔を擁して準優勝した第62回大会以来、26年ぶり3回目の決勝進出を決めた。
2006年08月19日19時45分 毎日新聞
 
実は今年の甲子園、結構見てたんですよ、っていうか、つい見ちゃうんですよね。だっておもしろいんだもん。
 
なんか最近はテレビ見ても、雑誌見ても、ネットみても「やらせ」のにおいを感じちゃって、いまいち盛り上がらないことが多いと思うんです。
 
それにくらべて高校野球はほんと筋書きの無いドラマって気がするんですよね。何より一生懸命さが本当に伝わって来ますもんね。
 
とにかくあと1試合、全力で戦ってください。がんばれ高校球児。
 
地元の先輩で、保育園園長をされているお客様は早稲田実野球部出身なんですが、明日は日帰りで応援に行くとか行かないとか、OBも大変なんですね。
 
高校球児に負けないように、夏を満喫しなくてはいけませんね。
 
それでは!
 
週末前にこちらも是非!