ブログネタ
LOHAS-HOME に参加中!

残暑です。はいはい、もう結構です。って言っても秋がそこまで来てるんですよね。にわかサーファーはちょっと寂しい気分です。

今日はまずお知らせ。

弊社の受注スケジュールは毎度混み合っていて大変ご迷惑をお掛けしておりますが、予定の案件が大幅に変更されましたので、近々で1件のみ施工可能になりました。もしお急ぎの方がいらっしゃいましたら、一声掛けてみてください。

ちなみに来春竣工希望のスケジュールでしたら、残り2棟施工可能ということになっております。3月入居をご希望のお客様は至急お問い合わせください。

(早期予約特典ありです。)

そんな訳で今日は、朝から世田谷計画、その後蓮根の歯医者さんからお電話、天井から漏水とのこと、スクランブル発進。結果は電化製品量販店の取り付けたエアコンのドレン処理不具合が原因でした。その後高島平9丁目のお客様宅ご訪問、書類お届け。

午後は図面作成。その後中央区のお客様宅ご訪問、先日弊社施工中の現場をご覧になって頂いたお客様です。現地調査と打ち合わせさせて頂きました。ありがとうございました。このあたり、バブルのころは坪1000万以上だったんですって、恐ろしいことです。帰社後は雑務。

あーあ今日はこれです

[子猫殺し]直木賞作家・坂東さんがエッセーで告白

 直木賞作家の坂東眞砂子さん(48)が日本経済新聞に寄せたエッセーで、自身の飼い猫が産んだ子猫を野良猫対策として殺していることを告白し、波紋を広げている。坂東さんはフランス領のタヒチ島在住で、事実ならフランスの刑法に抵触する可能性もある。坂東さんは「避妊手術も、生まれてすぐの子猫を殺すことも同じことだ」との趣旨の主張をしているが、日本経済新聞社には抗議や非難が殺到、動物保護団体も真相究明を求めている。【鳴海崇】
2006年08月24日03時32分 毎日新聞
 
なんなんですかこの人は。
とっても違和感と恐怖心を感じました
 
他のブログなどでも取り上げられていましたが、この人やっぱり何か勘違いしているようですね。
 
そんなことして良いわけないじゃないですか。本当に気分が悪くなりそうです。
生き物の命を何とも思わないなんて、悪魔のような人ですよね。
 
たぶん何かしらの病気なんだと思いますけど、もう日本には帰って来ないでほしいものです。
 
それでは!
 
今日も善意をひとつ。