ブログネタ
LOHAS-HOME に参加中!

さすがに立冬という感じで寒くなってきましたね。

そんな今日は朝から田柄の現場へ、外壁清掃立ち会いなど。

午後は成増段取り、電気屋さん来社、打ち合わせ。その後9丁目現場視察。夕方は4丁目企画図面作成など。

さて、昨日に続きこのニュース。

[竜巻]北海道警、被害状況の調査開始 気象庁は竜巻と断定

 北海道佐呂間町で猛烈な突風のため9人が死亡した災害で、北海道警は8日午前、倒壊した「新佐呂間トンネル」工事の工事事務所や宿舎、若佐地区の住宅などで被害状況の調査を始めた。また気象庁は、突風を竜巻と断定し、規模を示す「藤田スケール(F)」は風速50〜69メートル(7秒間平均)の2以上とした。

 気象庁は、竜巻とした根拠として(1)観測レーダーから被災地付近で突風が発生したとみられる(2)被害地域が細長い帯状に広がっている(3)ろうと状の雲の発生を確認した(4)建物の屋根など空高く舞い上げられ、数百メートル飛ばされている――などの特徴を挙げた。

 さらに、多数の住宅が倒壊するなどし、車が吹き飛ばされた所もあったことから、規模を「F2以上」と判断。これまで国内で発生した竜巻は、最大でF3だった。

2006年11月08日11時32分 毎日新聞

一夜明けた現地は本当にひどい状況でした。

被災された方々にはお見舞い申し上げます。

自然の脅威を見せつけられた結果になりましたね、数トンもあるトラックが、プレハブの建物がそっくりと、または跡形もなく吹き飛ばされてしまっていました。

ニュース報道でも言っていましたが、アメリカでは竜巻警報システムがすでに出来ているんですね、私はてっきり映画の中だけかと思っていました。日本では建物に求める性能としてもっぱら地震対策にばかり目がいっていますが、本来、日本にも風や雷の神様が居て、猛威をふるっていたとか。

本当にお願いします、とにかく強い建物を建ててください。

強さなら鉄筋コンクリート。鉄筋コンクリートならRC−Z。RC−Zなら私・・・

失礼しました。

週の中日も忘れずに。