ブログネタ
LOHAS-HOME に参加中!

週末から今朝までよく降りましたね、雨。日中も止んだと思ったらまた降ったりしてましたし、おかげで寒かった。

そんな今日は朝から成増計画図面作成、業者さんと電話、地盤保証会社さんと電話など、その後関連不動産会社へ、

午後は出版社さん来社、打ち合わせ。その後は成増の不動産会社社長と電話、提携設計士さんと電話、世田谷方面の業者さんからお問い合わせ。夕方は朝霞のお客様からお電話、成増段取りなど。

午前中はつま先から膝くらいまでひえひえでしたよ。さすが冬です。

で今日はこんな話題。

[長周期地震動]高層ビルで重大損傷も 土木・建築学会研究

 巨大地震で発生する「長周期地震動」によって、名古屋市や大阪市では超高層ビルが大きく損傷する可能性があることが20日、土木学会と日本建築学会による合同研究で分かった。建物に設計の想定を大きく超える力がかかる危険性があるため。両学会は「個々の建物の耐震性を自らチェックし、適切な補強をしてほしい」と提言している。
 
長周期地震動はカタカタと揺れる短周期の通常の揺れとは違い、周期2〜10秒ほどのゆっくりとした揺れ。03年北海道十勝沖地震の際、苫小牧市で超高層ビルの設計基準を超える長周期地震動が観測されたが、未解明の部分が多い。このため、両学会が合同検討委員会を作り、超高層ビルや石油タンクなどへの影響を研究していた。

 

超高層ビルについては東京、横浜、名古屋、大阪の計13地点に、30階と40階のビルが建っていると仮定し、コンピューターシミュレーションを実施した。名古屋市中区三の丸に30階建てビルが立地した場合、東海(静岡沖)・東南海(三重沖)地震の同時発生時に、15〜20階の変形が通常の約1.5倍になり、ビルにかかるエネルギーも5〜15階で約7倍に達することが分かった。倒壊は免れるものの柱と梁(はり)の接合部が切れるなど重大な損傷の恐れがある。

2006年11月20日15時31分 毎日新聞

 

私個人としては超高層は基本的に地震大国日本にはあまり適していないと思います。でも今の日本の技術レベルからすれば当然克服出来ることなんですが、長いものはたえず揺れと振動がともないますので、材料の疲弊もあるんですね。

 

また、建物の倒壊は免れても、外装材料のタイルやガラスなどが剥がれ落ちる可能性もありますので、周辺の地上も危険だということなんです。

 

また、現在の超高層はそのほとんどが鉄骨造なんですけど、その一番の弱点が火なんですね、皆さんもまだ9.11の映像が記憶に新しいと思いますが、耐火被覆が脱落し火にあぶられた鉄はあっという間に強度が0になってしまうんですね。0です、ゼロ。

 

その結果があの映像のような崩壊につながったんですね、ジェット機がぶつかっただけならあのような結果にはならなかったのに、出火したとたんに崩壊してしまったんです。

 

まだ木の方がそういう意味では時間が稼げますので、避難の可能性も高くなりますね。

 

そうです、強度も火にも強いのがRC(鉄筋コンクリート)造なんですね。ニューヨークのテロも建物がRCだったらあれほど大きな被害にならずに済んだ可能性が高いんです。

 

なので、住宅はもちろん、共同住宅にもRCをお薦めしていますし、私はRCしか造らないことにしたんですね。

 

それではお問い合わせはお気軽に。

 

週初めの月曜日は忘れずにクリック。

 

人気blogランキング