ブログネタ
LOHAS-HOME に参加中!

朝のうち晴れ、昼ころからシトシト雨。

そんな今日は朝から春日町の改修工事現場へ、外壁清掃立ち会いなど。帰社後は目黒計画検討、書類作成など。池袋本町計画のお客様とお電話。

午後は広告取材。その後信用金庫さん来社、杉並方面の見積、夕方は1丁目計画検討、成増計画段取りなど。

今日は目黒の現場で朝からコンクリートの打設がありました。雨が心配でしたけど、ちゃんと作業が終了してから降り出すのは日頃の行いでしょうか。

それでは今日はこれです。

◎今年の漢字は「命」=いじめや自殺、悠仁さま誕生も−京都

 いじめや自殺で絶たれる命、秋篠宮家の悠仁さま誕生で生まれる命−。1年の世相を漢字一文字で表す「今年の漢字」が「命」に決まり、京都市東山区の清水寺で12日、発表された。ほぼ同じ理由で2位と3位に「悠」「生」が続き、喜びと悲しみ両面で生命の重みを痛感した年を反映した結果となった。

2006年12月12日16時48分 時事通信社

命。

何だかちょっと寂しい気持ちになってしまいますが、失われる命と生まれる命があるのは自然といえば自然なのかもしれません。

でも、いじめや経済の犠牲で命を絶ってしまうのはあまりにも悲しすぎますね。それゆえに今年の漢字に選ばれたのかもしれませんが、この状況はやはり自然ではないですもんね。

確実に日本は壊れているような気にさえなってしまう出来事が多すぎますよね。昨日もいじめ関連の話題でしたけど、こんな国は嫌だ。って子供たちに思われちゃうと本当に日本の未来が無くなりそうで心配です。

こんな国になるとは団塊の世代の方たちも想像していなかったと思いますが、今の格差社会や政治の社会システムを作ったのは少なからず責任を感じてもらってもいいかもしれませんね。

とにかく緊急課題として真剣に取り組まなくてはいけない課題が多く残されているのは間違いないですね。

やっぱり政治から変えなくてはダメなのかな。

それでは。

火曜日もありがとう。

人気blogランキング