ブログネタ
LOHAS-HOME に参加中!

どんよりのちパラパラな天気でした。

そんな今日は朝から書類作成、その後成増の現場へ、施工確認など。帰社後は図面作成ほか。

午後は春日町のお客様とお電話、杉並でご検討頂いているお客様とお電話、鳶さんと電話。金融機関訪問。その後は池袋計画の図面作成、見積など。坂下段取り。夕方は成増不動産会社社長と電話など。その後弊社忘年会。

例年通り、関係業者さんと合同で盛り上がって来ました。建物は設計図面だけでは当然完成しません。弊社スタッフと協力して頂ける関連業者さんや多くの職人さんたち、みんなの力を合わせてはじめてお客様のお役に立てることが出来ます。改めて皆さんありがとう。

今日はこのニュース。

[花粉予測]来春は平年より少なめ 関東甲信越25%程度

環境省は22日、来春のスギとヒノキの花粉飛散予測を発表した。北海道、青森、熊本、鹿児島の4道県を除いて飛散量は平年より少なく、関東甲信越、北陸、東海地方では平年の20〜25%程度、最も多い九州でも平年並みかやや少ないという。東北から九州にかけ、今年夏の日照時間が少なく、実の付き方が悪かったためという。地域ごとの予測は次の通り。
 
北海道及び東北北部=平年並み▽東北南部=平年の半分程度▽関東甲信越=平年の25%程度▽北陸及び東海=20〜50%▽近畿=30〜60%▽中国及び四国=50〜80%程度▽九州=平年並みかやや少ない
2006年12月22日20時37分 毎日新聞
 
やったね。これはグッドニュース!
 
平年の20〜25%とはかなり楽かもしれません。
とは言っても対策無しというわけにはいきませんが、薬の量が減らせたり、期間も短くなってくれると良いですよね。
 
やっぱり、シーズン中は眠気に襲われたり、集中力が途切れたり、頭痛に襲われる時もありますから、本当に花粉が少ないというのはうれしい限りです。
 
これで春が少しは楽しみになりました。
 
それでは!
 
クリスマス前にクリックよろしく!