ブログネタ
LOHAS-HOME に参加中!

朝からそこそこ良い天気でした。午後は曇り、夕方から雨。

そんな今日は朝から池袋本町計画1階コンクリート打設工事。法務局、事務組合事務所で手続きなど。帰社後は電話会社、家具段取りなど。

午後は下落合現地調査。事務機屋さん来社、打ち合わせ。引っ越し段取り。成増検討、代々木検討など。夕方はニュースレター執筆など。

まさに春らしく、ころころと変わる天気でしたね、それでも頃合いをみて降ってくれたので助かりました。

それではこちら。

<公立小中高>アレルギー持つ子、ほぼ全校に 文科省初調査

全国の公立小中高校でぜんそくにかかっている児童・生徒は全体の5.7%、アトピー性皮膚炎も5.5%が罹患していることが11日、文科省のアレルギー疾患に関する調査で分かった。全児童・生徒が対象の初の調査。疾患を持つ児童・生徒が在籍する学校の割合は疾患によってばらつきがあるが、ほぼ全校に在籍している。

2007年04月11日22時11分 毎日新聞

そうですか、ほぼ全校にですか。

何が原因なのかは、相変わらずこれという直接的原因もわからないんですよね。

アレルギーは特定物質に過剰反応してしまう症状ですが、全国調査でほぼ全校に患者さんがいるということは、ここでは地域格差が無いということですね。

かといって都心の中で光化学スモッグを浴びている人と山間部で比較的環境が良い人ではやっぱり少なからず影響が違うと思います。

そうしてみると、食品や水、空気を疑ってみる必要がありますし、気を使っていかなくてはいけないんですね。

私も花粉やホコリや、かんすいなどのアレルギーがありますので、そのご苦労がよくわかります。

私たちが子どものころは合成着色料なども多く使用されていたと聞いてますし、大気汚染も拡大されていましたから当たり前かもしれません。

最近は水や食材にもこだわる人が増えているようですし、今後は空気についても注目が集まることと思います。

そこで弊社ではそこに住んでいるだけで健康が増進するような家を造ることを目標にしています。

もし興味がございましたら何なりとご相談くださいね。

それでは。

こちらもクリックよろしくです。

人気blogランキング