ブログネタ
LOHAS-HOME に参加中!

LOHAS-HOME - livedoor Blog 共通テーマ

おっと、突然の夏の空にびっくりしましたね、おかげで暑かったです。

そんな今日は朝から法務局へ書類受け取りに。帰社後は新宿方面からお客様来社、建て替えのご相談でした。ありがとうございました。

午後は春日町のお客様宅へ、書類受け取りにお伺い。帰社後は土地家屋調査士さん来社、打ち合わせ。その後草加方面のお客様とお電話。書類作成など。夕方は根岸のお客様からお電話。夕方は坂下計画検討、御殿山計画検討など。

朝玄関を出たらこれが・・・

あさがおそうです。朝顔です。

うちの1年生が学校で育てていたものを夏休みに持って帰ってきていたんです。

夏空に鮮やかな朝顔がとても清々しい朝を届けてくれました。

ちょっと得した気分です。

それではこちら。

CO2削減したら割引販売や利息上乗せ、協賛企業増える

京都議定書に掲げられた温室効果ガス6%の削減目標達成のため、政府が国民に呼びかけた「1人1日1キロ・グラムCO2(二酸化炭素)削減キャンペーン」の協賛企業が増えている。

協賛企業の負担でキャンペーン参加者に商品値引きなどの特典を提供する仕組みだ。環境問題に対する関心が高まる中で、企業イメージの向上につながるPR効果も期待しているようだ。若林環境相は24日の閣議後の記者会見で同キャンペーンの協賛企業に、新たに西友や日本航空など13社が加わったと発表し、これまでの協賛企業は合計23社となった。

キャンペーンに参加するには、環境省のホームページにあるCO2削減のための「チャレンジ宣言」のメニューから自分が実行したい項目を選ぶ。項目には「夏の冷房温度の設定を2度高くする 83グラム」、「自動車のアイドリングを5分短くする 63グラム」など具体的なCO2削減量が記載されており、項目をチェックすれば自動的に自分の一日の削減目標を記した「チャレンジ宣言カード」が作成される。これを印刷して協賛企業に持ち込むと特典が受けられる。

2007年7月24日14時32分  読売新聞

これはまた新しい試みですね。

「1人1日1キロ・グラムCO2(二酸化炭素)削減キャンペーン」はなかなか進まないCO2削減に対して、国民1人ひとりが積極的に参加出来ることを目的としています。

詳しくはこちらをご覧下さい。

チーム・マイナス6%

おもしろいのはその特典で、例としては、家電量販店大手のビックカメラが「宣言カード」の持参者に、白熱灯に比べて電力消費量の少ない電球型蛍光灯を10%割引販売するサービスを9日から始めた。

居酒屋チェーンのワタミは、カードの持参者に飲み物一杯を無料提供するサービスを8月から実施する。また、第二地方銀行のびわこ銀行も削減目標が1キロ・グラムを超える顧客の利息を上乗せする「CO2ダイエット・チャレンジ定期預金」を9月に発売予定ということです。

一般的に実益がある分、やる気も出そうですが、宣言カードだけで終わらないように、実行の度合いを確認する術があっても良いかもしれませんね。

まずは意識付けが大切なんでしょう。

是非参加してみては如何でしょうか。

それでは。

こちらにも参加していただけると幸いです。

人気blogランキング