ブログネタ
RC住宅でいこう! に参加中!

RCdesign-studio

う〜さぶっ

そんな今日は朝から根岸計画検討、中野計画検討、千駄木計画のお客様とお電話、その後キッチンメーカーさん来社、各種段取りなど。

午後は商社さんとサッシメーカーさん来社、坂上計画のお客様来社打ち合わせ。その後赤羽西の現場へ、近隣さんへ書類お届けなど。帰社後は神田佐久間町計画検討、夕方は草加計画検討、小石川計画書類作成など。

今日は朝早くから次男がサッカーの合宿に出発してしまいました。そんな本人がいない間に放送されてしまったのがこれ。

zuuminそう。ズーミンです。

実は8月の初めに某高島平サッカー場で撮影していたんです。

ある筋からのオファーでサッカー好きなイケメン少年にズームイン!をしてもらいたいという話があったとかなかったとか・・・

何はともあれ緊張感のあるズームイン!を決めていた次男でした。

子供達は何よりズーミンの中身にショックを受けていたみたいです。なんせ中身がアレですから・・・

ではこちら。

チリに「UFOの道」開通、UFOを観光の目玉に

新華社サンチアゴ(チリ):チリの小さな村が、UFOが頻繁に目撃されることで有名になっている。現地ではUFOを観光の目玉として観光客を呼び込む計画だ。
チリ中部のサンクレメンテに、30キロの「UFOの道」が開通した。ここはUFOの着陸を見たり異星人とデートするのに最適な場所、とされている。道路沿いにはレストランやホテルなどが建設されている。
UFO研究者によると、1990年代中期以降、サンクレメンテ近郊ではUFOの目撃情報が100件以上報告されているという。1995年1月から1996年半ばにかけては平均週1回目撃されていた。
一番最近の目撃情報は今年2月の第3週。オレンジ色の物体が大きく揺れていたという。
サンクレメンテの中心部から60キロ離れたEl Enladrilladoと呼ばれる平地は特に注目されている。標高2300メートルのこの平地は火山岩でできており、地元の人には「UFO発着台」と呼ばれている。円形の光る物体がEl Enladrilladoから水中や森の中に消えていったのを見た人が大勢いるという。

2008年08月22日20時17分 / 提供:新華通信社

んーいいですね。

さすが南米チリの人たちの考えることはイイ加減です。

でもくだらない箱物や変なキャラクターを見させられるよりはよっぽど夢がある企画ではないでしょうか。

だいたいこれだけ多くの目撃証言を出されては何となく信憑性も上がるってもんです。

ただ異星人とデートって言われてもねー、会話も盛り上がるかちょっと心配です。

それでも友達くらいならなってみたいと思いますよね、それで地球では未知の世界の道具やエネルギーを教えてもらえればきっと億万長者になれるでしょう。

というわけでチリに旅行の際は是非「UFOの道」に寄ってみては如何でしょうか。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気blogランキング