ブログネタ
RC住宅でいこう! に参加中!

RCdesign-studio

スコールも無く穏やかな天気でした。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後千駄木計画のお客様とお電話、ありがとうございました。根岸計画で2階のコンクリート打設がありました。蓮根の不動産会社さん来社、打ち合わせ。志村計画段取り、サッシメーカーの開発担当さん来社、打ち合わせなど。

午後は解体業者さん来社、打ち合わせ。文京区向丘計画のお客様からお電話、ありがとうございました。杭屋さん来社、打ち合わせ。赤羽西計画段取り、書類作成、草加計画検討など。夕方は水道屋さんと電話、不動産会社さん来社、打ち合わせ。見積作成など。

実は昨日のスコールは私が原因かもしれません。3時頃から数ヶ月ぶりにストライプ柄の車を洗車してたんです。もう少しで拭き取り完了というところで急に突風が吹いてきてその後はあの雷雨でした。局地的豪雨を誘う洗車にはご注意ください。

ではこちら。

「おあいそ」と「お勘定」の違い

「似たもの言葉のウソ!ホント?」梅津正樹編著(東京書籍 1400円)

老舗のお寿司屋さんに憧れの女性を連れてきたAさん。おいしかったのか、彼女も満足そう。最後もカッコよく決めようと思ったAさんは、「大将、おあいそ」と声を掛けた。それを聞いた彼女はがっかり。さて、なぜか? 答えは、「おあいそ」は店側が言うもので、客の場合は「お勘定」と言う。それを取り違えたAさんに失望したわけ。

似たような言葉で、使い方を間違えると相手に失礼になるものも多く、知らぬうちに恥をかいている場合も多いはず。本書では、そうした似たもの言葉が間違って使われる具体的な場面を設定しながら、意味の違いを解説している。

御霊前と御仏前、七回忌と七周忌、内縁と同棲、ご苦労さまとお疲れさま、利子と利息、冷や麦とそうめん、チョッキとベスト、上訴と控訴、漫画とコミックなどなど、130項目の似たもの言葉。日本語力のテスト材料にも最適だ。

2008年09月08日10時00分 / 提供:ゲンダイネット

知ってましたか?

お恥ずかしい限りですが、私は知りませんでした。

ラーメン屋さんでも何となく粋がって「おあいそ」と言っている人は多いのではないでしょうか?あ、ご存知の通り私はラーメン食べられませんけど。

知らないと全然粋ではありませんね。

他にも似た言葉で使い方の違うものが多く紹介されているこの本、若い人は特に一読しておいた方がいいかもしれませんね。

でもある程度の年齢になると、チョッキとベストとか、漫画とコミックなどは別に区別する必要も感じないんですけど、やっぱりダメですかね。

それよりンツパンの使い分けの方が難しいかも・・・

一般常識も流行も常に学ぶ姿勢が大切です。

それでは。

今週も応援よろしくお願い致します。

人気blogランキング ←記念にひとつクリックを!