ブログネタ
RC住宅でいこう! に参加中!

RCdesign-studio

何となく花粉を感じるこの頃。

そんな今日は朝からパース作成、本郷計画検討、ガラス屋さんと電話、高松計画検討、1丁目計画現場で設備屋さんと打ち合わせ、駒込計画検討など。

午後は出張所などへ、帰社後は目白のお客様とお電話、大田区計画検討、荻窪計画検討、サッシメーカーさん来社打ち合わせ、千駄木計画検討など。夕方から蓮根の不動産会社さん来社打ち合わせ。図面作成など。

お祭り好きな方はきっとワシントンへお出かけかもしれませんが、遠い日本からも祝辞を送りたいと思います。

で、なんだっけ?

あ、こちら。

「記憶力よくする薬」が薬局で買えるように?

新華社ロンドン(イギリス):イギリスのサンデーテレグラフが18日に報じたところによると、記憶力を高めることができる薬が、数年以内に薬局で販売されるようになる見込みだという。
報道によれば、イギリスのアストラゼネカ社などが開発したこの薬は、加齢に伴う記憶力の減退症状を治療するのに使えるという。この薬はもともとアルツハイマー病の治療に使われるものだったが、配合を穏やかなもものにすれば健常者が日常的に服用することもできるとのこと。
アメリカ食品医薬品局の元職員で神経科医のスティーブン・フェリス氏は次のように話している。「この薬は、その安全性、有効性が確認されれば認可されるだろう。その市場は非常に大きなものになるとみられる」。

2009年01月20日18時12分 / 提供:新華通信社

と言うわけで老人性痴呆症ぎみな方々には朗報かもしれません。

もちろん若年性の方も期待して良いかもね。

本当に人間って歳を取ってみないとわからないことがいっぱいあるものですが、若い頃先輩に会うたびに同じ話を聞かされて、この人は何で同じ話しを何回もするのかと思ったことありませんか?

これも気が付けば自分もこの人にこの話したっけなーと考えながら話していたり、もしかすると周りから同じように思われているかもしれないと考える時もあります。

もちろん前日の夕飯や、ややもすると今日のお昼ご飯さえ思い出せないなんてこともあったりしますよね。

やはり持って生まれたメモリー不足に加えて劣化が進んでいるわけですから、ここは開き直ってというか、しっかり認識したうえで対処したほうが良いかもしれません。

もちろん記憶力を良くする薬が市販されれば服用した方が良いでしょうし、リハビリや訓練、メモを取るようにするなど、加齢に負けない努力を惜しまないようにしたいと思います。

それでは。

今日もありがとうございました。

ブログランキング忘れずにクリック!