ブログネタ
RC住宅でいこう! に参加中!

RCdesign-studio

1日中冷たい雨の東京です。

そんな今日は朝から大田区計画検討、その後法務局へ、赤羽西のお客様宅訪問、帰社後は図面作成、ガラス屋さん来社打ち合わせなど

午後はパース作成、西台のお客様とお電話、世田谷桜計画検討、所沢計画検討、駒込計画検討、資材発注など。夕方は電気屋さん来社打ち合わせ、サッシメーカーさんと電話、1丁目計画段取りなど。

風邪引きさんが増えてますね、手洗いとうがいは基本ですが、こんな時は美味しいモノをたくさん食べて暖まるのが良いのではないでしょうか。くれぐれも無理はしませんように。

ではこちら。

[長生き]禁煙・節酒に「太め」 メタボ健診に疑問…厚労省

がんや心筋梗塞(こうそく)などの循環器疾患を起こさないで今後の10年間を生きる可能性が最も高いのは、「禁煙、月1〜3回の飲酒、BMI(体格指数)25〜27」の人であることが、厚生労働省研究班による約9万6000人の調査結果に基づく推計で判明した。禁煙や節酒の取り組みは生存率を向上させるが、BMIだけ下げても変化はなかった。

主任研究者の津金昌一郎・国立がんセンターがん予防・検診研究センター予防研究部長は「がん、循環器疾患を減らすには、肥満対策より、まず禁煙、節酒を推進することが重要。国民全体の健康対策として取り組む場合、肥満中心の手法は適切ではない可能性がある」と、肥満改善を重視する現在の特定健診(メタボ健診)に疑問を投げかけた。米医学誌電子版に発表した。

2009年01月30日15時33分 / 提供:毎日新聞

そもそもメタボって騒ぎすぎの感もありましたよね。

場合によってはイジメの対象になるこもと一部ではあったりなかったり。そもそも厚労省の方たちも国民の健康を考えてメタボキャンペーンを行ったわけではないですよね。

医療費の削減が目的ならタバコの販売もやめちゃえばいいのに、と思うんですけど、さすがにこの収入は手放せませんね。

お酒だって同じ事ですが、人間が楽しみにしていることは健康に悪いことも多いものです。

スポーツだって体を壊す原因になることもあるらしいので、何ごともほどほどに、楽しんだ分は多少寿命が縮んでも仕方がありませんよね。

何より自分が納得出来れば寿命の長短はあまり気にしない方がむしろ健康的なように思います。

ダイエットや禁煙、禁酒、どれかだけを無理に行っても良いことは無さそうですが、やるなら一斉に3種類の誘惑を絶つのが良いようです。

でも、わかっちゃいるけどやめられない。

そんなところが人間らしいような気もします。

それではくれぐれもお体ご自愛くださいませ。

今日もありがとうございました。

ブログランキング←長寿祈願にクリック!