ブログネタ
もう木造住宅は造るまい。 に参加中!

東京のこだわり住宅はRCdesign

昨日に続き晴れて冷え込んだ東京です。

そんな今日は朝から本駒込計画の4階コンクリート打設がありました。下落合計画検討、資料作成、その後金融機関へ、池袋本町計画検討、段取りなど。

午後は南品川計画検討、土地家屋調査士さん来社、信用金庫さん来社、本駒込計画検討など。夕方は鶴瀬計画段取り、提携会社さんと電話、ミーティング、南品川のお客様とお電話など。

昨日は慌てて暖房器具を出したり、コートを干してみたりした方も多いのではないでしょうか。久しぶりに冬の緊張感を感じました。

ではこちら。

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』4日間で6億超の大ヒットで上映延長

今年6月、世界中のファンに惜しまれながらこの世を去った“キング・オブ・ポップ”ことマイケル・ジャクソンの最後の雄姿を収めたドキュメンタリー『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』が、先週28日(水)、全世界で同時公開となった。日本では同日19時より全国324館で公開スタートし、31日(土)までの4日間で、全国興行収入6億4,663万6,400円、動員50万9,251人を記録する大ヒット! これに伴い、急遽本作の上映期間が見直され、延長可能な劇場において追加2週間の上映期間延長を決定した。

元々、2週間限定の上映と告知されていた本作だが、前売り鑑賞券の販売枚数は最終的に24万枚に迫る異例の売れ行きを示し、これを受けて全国のファンと劇場から上映期間の延長を求める声が多く寄せられた。

2009年11月02日14時23分 / 提供:cinemacafe.net

IMG_0379[1]ということで昨日はお休みを頂きましたので、朝から久しぶりに映画を見に行って来ました。

見たのはもちろんこれ。マイケルジャクソンの「THIS IS IT」。

すでにいろいろな方がご覧になっていると思うので、内容についてはご存知の方も多いかもしれませんが、私としては見て良かったと思いました。

というのもリハーサルとはいえ、映画館の臨場感はさながらライブ会場にいるような錯覚を覚えました。結局最初から最後まで足でリズムを刻んでいましたし(特別な癖ではありません)、途中で何度か鳥肌が立つ場面もあり(尿意を我慢していたこととは関係なく)、とても楽しめましたよ。

さらに、マイケルの作品造りに対するこだわり、周りのスタッフのプロ意識と層の厚さなどは非常に勉強になりました。

映画の趣旨としては追悼作品ということだと思いますが、彼の伝えたかったことや思いは十分伝わるものだったと思います。そう、L・O・V・E、LOVEです。

今回はスクリーンを通して地球や人類に対する危機感、それを克服するために必要なことを彼は考えていたのだと感じました。

でも今回私がマイケルから一番気づかされたのは、物づくりへの情熱とこだわりかもしれません。それは住まいづくりという一大イベントに参加させていただける私たちの仕事もマイケルと同じように妥協なく作り込みたいという思い。

何かを造るにしろ創るにしろ、経験者なら誰しも初心はそうだったと思います。初心忘れるべからずです。

エンターテイナーの作品造りから住まい造りを学ぶことが出来た良い一日でした。お時間のある方は是非ご覧ください。

それでは。

今日もありがとうございました。

人気ブログランキングへ←ランキングにお力添えをポチッとをひとつ!