ブログネタ
もう木造住宅は造るまい。 に参加中!

東京の注文住宅はRCdesign

曇り時々晴れでも結構寒い東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後田園調布計画検討、長崎計画検討、書類チェック、資料作成、近所の賃貸マンション現地調査、池袋本町計画検討など。

IMG_0394[1]午後は商社さん来社打ち合わせ、ガス会社さん来社、各種段取り、その後鶴瀬計画の現場へ、ご予約をいただいていたお客様をご案内と打ち合わせ。遠方からご来場いただきまして誠にありがとうございました。夕方帰社後は本駒込計画検討など。

昨日は暖かかったのに、今日は結構寒いし、明日はさらに冷え込むそうですので、やせ我慢せずにコートを着用してくれぐれも風邪など召しませぬようご注意ください。

ではこちら。

ビル・ゲイツ邸見学、オークションで314万円で落札

米ワシントン州メディナ、ワシントン湖岸のビル・ゲイツ氏所有の大邸宅見学ツアーが、マイクロソフト従業員のみが参加できるチャリティーオークションで35000ドル(約314万円)で落札された。邸宅見学のナビゲーターはゲイツ氏自身が行うという。

Seattle Post Intelligencerによると、このオークションはマイクロソフト従業員の寄付プログラムのうちの1つで、全ての利益は慈善事業へ寄付される。同邸宅ツアーは、昨年は8600ドル(約77万円)で落札されており、今回は4倍以上の値がついた。この他にマイクロソフトCEOのスティーブ・バルマー氏とランニングできる権利など、ユニークな商品がオークションに出品された。

ちなみにビル・ゲイツ氏の邸宅内の様子はYouTube上にもアップされているため、落札できなかった人もバーチャルツアーが体験できる。
2009年11月16日16時55分 / 提供:YUCASEE MEDIA (ゆかしメディア)

あ〜、びっくりしました。てっきり邸宅が314万円で落札されたのかと思ったら、よく読めば見学ツアー参加権だったんですね。

それにしても何でも売っちゃうんですね、アメリカ人って。確かにビル・ゲイツの家ってどんだけ凄いのか想像も出来ませんが、そのツアーを社員のみが参加出来るオークションに出すという発想はどうなんですか。

まあ最終的には慈善事業に寄付されるということですから、その目的はすばらしいと思うんですけど、何も社員に売らなくても余りある膨大な資金から社会に還元してくれても良さそうですよね。
まあさっそく見てみましょう。



如何でしたか?

確かにCGが凄いとか、ナレーションがわからないとか、いずれにしても一般的にはあまり参考になることは無いかもしれませんね。

というわけで真剣に家づくりをお考えの方にはもっともっと凄く参考になるこちらをご紹介いたしましょう。

「Project2000」完成内覧会

しかも弊社では利益の還元は今のところオーナー様に限定しておりますので、限りあるご予算を最大限有効にご使用いただけます。

今週中でしたらご希望の日時をご指定いただければご案内させていただけますし、21日(土)は終日お待ちしていますので、是非この機会をお見逃し無いよう万障お繰り合わせの上ご来場くださいませ。

それでは今週もよろしくお願いします。

ありがとうございました。

人気ブログランキングへ←ランキングにお力添えをポチッとをひとつ!