ブログネタ
もう木造住宅は造るまい。 に参加中!

東京の耐火住宅はRCdesign

朝のうち雨だったものの昼前からは晴天になった東京です。

そんな今日は朝から資料作成、その後関町北計画の現場へ、解体業者さんと現地調査など。帰社後は大塚計画検討、白山の不動産会社さんと電話など。

午後は金融機関へ、その後サッシ屋さんとメーカーさん来社、商社さん来社打ち合わせ、南品川計画のお客様にご来社いただき打ち合わせ。ご多忙のところありがとうございました。その後池袋本町計画検討など。夕方は大塚計画見積もり作成、出版社さんと電話、本駒込計画段取りなど。

今日は比較的暖かくなって過ごしやすかったのではないでしょうか。そういえば今日こんなものが届きました。
IMG_0403[1]
そう、先日ご紹介しました地デジ化完了ステッカーです。

さっそくオーナー様にお届けしてエントランスに貼っていただこうと思っていますが、問題は周りの雰囲気を壊しはしないかということです。

確かに黄色で目立つことは間違いなさそうですが、格好いいかと言えば・・・?

ではこちら。

<カイカムリ>模型を背負い「住宅全焼火災ゼロ」アピール

宮城県多賀城市は「住宅全焼火災ゼロ」の期間が初めて5年間に達した。その記念にと同市が目をつけたのは、貝などをかぶって外敵から身を守る夜行性のカニ「カイカムリ」。2匹を松島水族館から借り、市役所ロビーで展示。消火器を張り付けた貝やバケツの模型を背負いながら水槽の中で「わが身を守る大切さ」とPR。
2009年11月25日20時22分 / 提供:毎日新聞

本当にこれからの季節、日々ニュースを見るのがイヤになるんですけど、毎日数十件、火災のニュースとそこで被害に遭われるのが必ず子供とお年寄りなんですね。

私たちはそんなニュースをひとつでも減らしたいとの思いで「もう木造住宅は造るまい」と誓ったんですけど、きっと同じ思いの方も多いはずです。

そんな中でアノ宮城県がやってくれました。多賀城市というところで住宅全焼火災ゼロが5年間も続いたとのことです。すばらしい。

ただその後がいただけませんね、カニを展示したり、妙な着ぐるみでPRしちゃったようですが、さすがは宮城県人といったところでしょうか。

あー何か殺気を感じる・・・

まあそれでも「わが身を守る大切さ」をPRしていただけたので良しとしましょう。

わが身を守るなら不燃材料で造る耐火建築物が必要です。倒壊しない、燃えない住まいはRC(鉄筋コンクリート)住宅をオススメいたします。

それでは。

今日もありがとうございました。

人気ブログランキングへ←ランキングにお力添えをポチッとをひとつ!