ブログネタ
もう木造住宅は造るまい。 に参加中!

東京・埼玉の賃貸併用住宅はRCdesign

曇り空から雨になってとっても寒い東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後各種段取り、駒込計画検討、その後沼袋計画のお客様にご来社いただき打ち合わせ、ありがとうございます。御殿山計画検討、お問い合わせ回答など。

午後は信用金庫さん来社、サッシ屋さん来社、商社さん、住設メーカーさん来社打ち合わせ。1丁目計画検討、高円寺南計画検討など。夕方は資料作成、池袋本町計画検討、出版社さんと電話など。

いやはや雪になりましたね、なんだかすごく静かに感じます。それにしても中学受験のお子様をお持ちのご家庭では心配でゆっくり休めないかもしれません。皆さん、とにかく明日は早めの動きだしで慌てずに気をつけて行動するようにしましょう。

ではこちら。

1人暮らしの学生と社会人、どんな部屋に住んでいるの?

あなたはどのくらいの家賃を支払っていますか? 首都圏で1人暮らしをしているビジネスパーソン(18〜29歳)に聞いたところ「6万円台」(29.7%)と答えた人が最も多く、次いで「5万円台」(22.3%)、「7万円台」(19.2%)であることが、アットホームの調査で分かった。
2010年01月28日19時00分 / 提供:Business Media 誠

まあ首都圏の平均値としては予想通りという感じでしょうか。
もちろん立地など条件にもよりますので、あくまで平均ということなんですが、上記の数字は社会人の数字で、学生は平均で7000円ほど低いそうです。

さらに、現在の住まい探しで重視したことは何かとの問いでは、社会人では「家賃」(95.8%)がトップ。次いで「間取り・広さ」(82.8%)、「設備」(53.6%)、「日当たり・通風が良い」(44.8%)、「部屋の内装」(38.8%)と続いたそうです。

確かに賃貸仲介業者さんにお話を聞くことも多いんですが、以前に比べて会社の家賃負担が少ない、または無くなったということも多く、当然全体の収入も下がっているので、まずは予算ありきということです。

そんな中でも価格以上の価値を感じられる物件は人気がありますので、ここはプラン、企画の良さで勝負になりますね。

弊社で現在施工中の本駒込計画はオーナー住戸併用のワンルームマンションなんですが、投資効率とともに入居者さんのことを考えてデザインされていますので、入居者さんもオーナー様にも喜んでいただける内容になっています。

今月末には竣工予定ですので、ご要望があれば特別に内部をご案内することも可能です。内覧をご希望の方はお気軽にご相談ください。
壁面緑化例
そういえば、サーバーを整理していたらこんなプレゼンがありました。

昨年あるオーナー様にご提案させていただいた案件で、結構広い主要道路に面していたので、外壁の半分を思い切って壁面緑化してみました。

少々パースの表現力が弱いんですけど、実際に造ったらきっと街のシンボルに間違いなしですし、何より地球環境、室内環境にも大変貢献できると思うんですけど。

残念ながら今のところボツ企画ですので、もしご興味がある方がいらっしゃいましたら是非ご採用ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキングへ←ランキングにお力添えをポチッとをひとつ!