ブログネタ
もう木造住宅は造るまい。 に参加中!

東京・埼玉でアーキテクチャの家はRCdesign

夏のように暑かった東京です。

そんな今日は朝から茨城の業者さん来社打ち合わせ、資料作成、豊島区長崎計画検討、新白岡計画検討、新宿坂町計画検討、根岸のOBオーナー様とお電話、ありがとうございます。

午後は白岡のお客様を池袋本町の現場へご案内、その後打ち合わせと築後約5年の建物もご覧いただきました。ありがとうございます。帰社後は渋谷円山町のお客様とお電話、原町計画のお客様とお電話、明日の準備など、夕方は群馬の業者さんと電話、坂町計画のお客様とお電話、ありがとうございます。目黒原町計画検討など。

ふ〜、また負けちゃっいましたね、日本代表。お陰で雷は鳴るし、雨は降るし、まあこれで地固まる的なことになれば良いか。

ではこちら。

「アーキテクチャ」ってなに?

「アーキテクチャ」という言葉を御存じでしょうか。ハードウェア、OS、ネットワーク、アプリケーションソフトなどの基本設計や設計思想のこと。元来、建築学における設計術あるいは建築様式を表していたのが、転じて、コンピュータ用語として用いられるようになった。(『IT用語辞典』より引用)

ちょっと難しいのでわかりにくいかもしれませんが。簡単に言うなら「物事を考えたり作ったりする環境」といったところでしょうか。 この言葉が、今、ITの世界だけではなく、ブロガーたちの議論のなかで使われるようになっているのです。

2010年06月04日11時00分 / 提供:非モテタイムズ

如何でしょうか、一般的にはあまり耳にしない言葉かもしれませんが、建築を志してきた人間からすると、え〜、そうなの?と言う感じもします。

確かに以前からコンピュータ関係の本を読んでいても目にしていたんですけど、CPUが何々アーキテクチャとか書いてあると勝手に使われている的な感じを覚えたりしました。

でも最近はその言葉遣いにも慣れてむしろコンピュータ用語だと思われている方のほうが多いかもしれませんね。

まあ何となく設計や構造という意味合いではコンピュータも建築も共通するところがあるのも確かです。

そんな中、建築としてのアーキテクチャを感じていただきたい催しが明日開催されます。

先日もお知らせしました通り、弊社設計・施工による建物の完成内覧会を開催させていただきます。

弊社の内覧会は開催の回数が少なく大変ご迷惑をお掛けいたしておりますが、今回はオーナー様のご厚意により特別に公開させていただけることになりました。

是非この機会をお見逃し無いよう、お気軽にご来場いただけるとうれしいです。

弊社のアーキテクチャを感じに来てください。

お会いできるのを楽しみにしております。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ
 ←気晴らしのシュートをポチッとをひとつ!