ブログネタ
もう木造住宅は造るまい。 に参加中!

東京・埼玉で2世帯住宅を建てるならRCdesign

昨晩の雷雨から立ち直った東京です。

そんな今日は朝から商社さん来社打ち合わせ、品川区上大崎計画検討、都市銀行さん来社、日本橋小伝馬町計画検討、弦巻計画検討など。

午後は図面作成、水道屋さん来社、ガス会社さんと電話、電気屋さん来社打ち合わせ、構造担当と電話など、夕方は目黒原町計画検討、水道屋さん来社打ち合わせ、白岡計画段取りなど。

ふぅ〜。いやー残念でしたね、ワールドカップ。今回ばかりは数居る評論家の人たちも内容と結果に満足してくれているのではないでしょうか。

今日になっていろんなコメントがあったりしますが、日本代表の選手達には全員胸を張って帰ってきて欲しいと思います。子供達の誇りになっているはずですから。

ではこちら。

新築住宅購入、平均約3490万円=親子同居の意向は微増―国交省調査

国土交通省は30日、2008年の住まいに関する総合調査結果を発表した。新築の一戸建てやマンションの購入に掛かった全国平均費用は3493万7000円で、03年の前回調査比で354万8000円減少した。また、高齢になった際、子どもとの同居や、子どもの近所に住みたいとした世帯主は、ともに2割弱で、前回から微増した。

調査は5年ごとに行い、今回は全国9万6845世帯を対象に、08年12月1日現在の状況を聞いた。回収率は86.0%。
2010年06月30日18時41分 / 提供:時事通信社

如何でしょうか。

全国平均としては意外と高額だと思うんですけど。

ただ、今回発表の調査自体は2008年とのことですから、今の状況とはちょっと違う気もしますね。

去年、今年はもう少し低い数字になると思いますが、まあひとつの統計ということで見ておきましょう。

一方同居や近くに住みたいという意見は2割弱ということで、こちらは結構低い結果になっています。

でもここは今ならもう少し高い数字になっているかもしれません。

やはり経済的なメリットや子育ての協力、安心感などを考えれば2世帯住宅の選択も増えてくると思います。

そんなわけで、もし、2世帯住宅をご検討しているご家庭の方がいらっしゃいましたら是非RC(鉄筋コンクリート)造をオススメいたします。

もちろん単世帯の場合でもRC住宅が一番適していると思いますが、2世帯住宅や、共同住宅の場合はその構造的特徴がより一層生かされるんですね。

もちろん弊社ならコスト的にも全国平均価格で十分建てることが可能ですので、是非お気軽にご相談くださいませ。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ
 ←ランキングにお力添えをポチッとをひとつ!