ブログネタ
もう木造住宅は造るまい。 に参加中!
東京・埼玉で家づくりを考えたらRCdesign

薄くもり時々晴れ間もある蒸し暑い東京です。

そんな今日は朝から資料作成、その後世田谷方面へ、上馬のお客様宅で打ち合わせ、ありがとうございます。その後弦巻の現場視察、1階の鉄筋組立状況の確認など。

午後は帰社後1丁目計画のお客様宅へ、資料お届けと現場視察、ユニットバス組立終了ということでオーナー様にご確認いただきました。ありがとうございます。夕方は電気屋さん来社打ち合わせ、図面チェックなど。

いよいよワールドカップはどの試合も決勝戦のような好カードばかりですね、本当に楽しいです。

そんな中でも今日は土曜日ですので、恒例の家づくり講座第24回をお届けしましょう。

前回のキーワードは、家族のコミュニケーション。

昨日のブログでも書きましたが、当たり前の間取りではなく、家は家族のコミュニケーションツールとして、家族に合った楽しい間取りを考えましょう。という話でした。

今日は、【必要なもの】・【必要でないもの】の話をします。

ところで、“お客様用の和室”って、必要ですか?毎回検討の対象になる「これって必要?」となるものが、客間・吹き抜け・リビングイン階段です。
・客間・・・お友達はダイニングで、お客様はリビングで十分。
誰かが泊まることも年1回あるかないか、365分の1か2です。
・吹き抜け&リビングイン階段・・・まずスペースがもったいない!
外国のように広い土地を持っているなら良いのですが、大体が、面積や予算的に、空間を演出する程の余裕はありません。

それに、メンテナンスやお掃除、冷暖房費が大変です。吹き抜けの電球が切れたら、天窓が汚れたら、毎回業者さんに来てもらうのでしょうか?こんな理由で、本当に必要なのか検討の対象になるんです。

「うちはよく来客があり、泊まる事もあるから」 「家で仕事をする時間が多いから」「土地も資金も十分あるし、採光を考えると必要」なんていう考えの人もいらっしゃると思いますし、何より楽しく、余裕を感じたいということもあるでしょう。

つまり、必要、不必要、は人それぞれなんですよね。ですから、必要か不必要かを冷静に考えてください。

モデルハウスなどを見に行くと、最新の設備や広い部屋、間取りに目を奪われます。

『こんな家にしたい!』と思ってしまうでしょう。

特にモデルハウスは、プロのインテリアコーディネーターがいて、飾り立てています。営業マンはその設備がどんなに便利なのか、一生懸命説明します。

「せっかく家を建てるんだから、この機会に」なんていう気持ちもわかります。でも、あれもこれもとすべての希望を叶えようとすると、どうしても予算オーバーになってしまうのではないでしょうか?

予算オーバーしても、「少し予算を超えるけど、せっかく建てるんだから頑張ろう!」と、無理な資金計画をしがちです。

では、本当に必要なものを知るにはどうすればよいのでしょう?

必要なものを考えると、誰もが欲張りになってしまいますね。 それなら【必要でないもの】から考えてみてはどうでしょう?

数年前になりますが“捨てる”がキーワードの、掃除や収納、人生論のような本が話題になりましたね。

昔と違って今は物があふれている時代。便利な時代ですね。しかし、何でも欲しい物が簡単に手に入るため、
・本当に必要なものを見極めること。
・上手に捨てること。
が、重要になる訳です。

マイホームに【必要でないもの】は何か?ちょっと夢のない現実的な話と思いますが、意外とシンプルな住まい方が見えてくるかもしれませんね。

この機会に【必要でないもの】を見直してみてください。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ
 ←南アフリカにお力添えをポチッとをひとつ!