ブログネタ
もう木造住宅は造るまい。 に参加中!
東京・埼玉で耐震住宅を建てるならRCdesign

晴れの東京はちょっと暖かでした。

そんな今日は朝から書類作成、看板屋さんと電話、新白岡医院新築計画検討、世田谷区中町の賃貸併用住宅検討、事務処理など。

午後は豊島区長崎で施工してきたハーレーハウスの引渡及び取り扱い説明を行いました。オーナー様には大変お世話になり、ありがとうございます。今後も末永くお付き合いいただきますようお願い申し上げます。
その後税務署と事務組合に書類提出など。夕方に帰社後はパソコン修理、電気屋さん来社打ち合わせ、目黒区原町計画検討など。

また手塩にかけた家を無事にオーナー様に引き渡すことが出来ました。お褒めのお言葉を頂戴し、スタッフ共々疲れも吹っ飛ぶ幸せをおすそ分けいただきました。ありがとうございます。

ではこちら。

[NZ地震]クライストチャーチ 古い建物で耐震の遅れも

ニュージーランドは、地下で太平洋プレート(岩板)とオーストラリアプレートの二つがぶつかり、日本と同じように過去に大きな地震が発生、建物の耐震性はその度に強化されてきた。しかし、クライストチャーチは英植民地時代の面影が残る古都で、耐震性の低い古い建物も多い。都市直下型だったことも重なり、地震の規模に比べて大きな被害をもたらしたようだ。

「崩れた建物の大半は鉄筋の入っていないレンガ造りだ。古い建物は地震の少ない英国の技術で造られている。ウェリントンのような新しい都市では、これほどの被害はなかったのではないか」−−。同国出身の建築家、ピーター・ボロンスキーさん(49)=京都市=は指摘する。

植村善博・佛教大教授(自然地理学)によると、1931年にあったマグニチュード(M)7.9の地震をきっかけに、35年に建築物の耐震基準が強化された。だが、それ以前に造られたれんがや石を積み重ねた耐震性の低い建物も多く、文化財の教会などもこれに該当する。

建築研究所の福山洋上席研究員(耐震工学)は「ニュージーランドの耐震技術は日米に並んで世界の最先端を誇る。だが、古い建物の補強が進んでいないのは日本と同じ」と指摘する。