ブログネタ
もう木造住宅は造るまい。 に参加中!
東京・埼玉で家を建てるならRCdesign

朝から雨、一時雪の寒い東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、目黒区原町の賃貸併用住宅の現場では完了検査があり、無事合格でした。杉並区成田西計画検討、原稿チェック、その後ご近所の賃貸マンション現場調査、築40年超でかなり老朽化の進んでいる建物の漏水事故でした。全然メンテナンスをされていなかったとのこと。建物も人間と同じく予防が大切なんですよ。

午後は豊島区千川計画検討、提携会社さんと電話、関連会社社長来社、看板屋さんと電話、埼玉県川口市方面のお客様とお電話など。夕方は出版社さんと電話、目黒区原町計画のお客様とお電話、ありがとうございます。杉並区成田西計画のお客様とお電話、蓮根の不動産会社さんと賃貸解約立ち会いなど。

いやはや今日は一転寒くなりましたね、この季節マスクに眼鏡なので、寒いと曇るんですよ。そんな姿でも笑わないでくださいね。

mini-1話変わって、昨日家族で夕飯を食べに近所のパスタ屋さんへ出かけたんですけど、なんとそこで数年前に生き別れた息子に・・・いやそんな気持ちにさせられた車と遭遇することができました。

そうです、こちらのミニクーパー、家族全員が大好きだったんですけど、さすがに長男も170センチを超えるようになってしまい、泣きながら手放した車だったんです。

さすがにナンバーは変わっていましたが、キズの場所や交換した部品はまさに我が家のそれとわかりました。若いカップルが乗られていましたが、見たところ新しいオーナー様にも大切にしてもらっているようで、安心しました。そんなセンチメンタルな週末でした。

ではこちら。

東京マラソンに出場 名物編集長が語った 50歳から始める「走りの楽しさと効能」

東京マラソンの応募者は、出場競争率が約10倍だったように空前のマラソンブームだ。なぜなのか、何が楽しいのか?

今回、初めて東京マラソンのフルコースに参加する「週刊朝日」編集長の山口一臣氏(50)。テレビでもおなじみの名物編集長も、50歳目前から始めたマラソンに“ハマった”ひとりだ。

「スポーツといってもゴルフくらいで、成人病予備軍でした。80キロあった体重が今は70キロくらいになり、体脂肪率も26%から18%くらいに減ったんです。血液検査の数値もみるみるよくなりましたよ」