ブログネタ
もう木造住宅は造るまい。 に参加中!
東京・埼玉で100年住宅を建てるならRCdesign

東京は曇りでしたが、神奈川県は予想を裏切る雨でした。

そんな今日は朝から横浜方面の会社さん訪問、勉強会など。

午後に帰社後は目黒区原町計画検討、商社さんと電話、見積作成、税務署さんと電話、各種段取りなど。夕方は提携会社さんと電話、杉並区成田西計画検討、資料作成、お問い合わせ対応、ミーティングなど。

もうちょっと晴れるかと思っていたのですが、期待に反して雨が降ったり止んだりの残念な天気で寒くなりました。明日はもっと寒くなるらしいのでくれぐれもご自愛ください。

ではこちら。

遺言に従って持ち主の死後100年間封印されていた19世紀フランスの豪邸が公開される

1851年にフランスの裕福な家庭に生まれ、リモージュ県の事務局長など官僚職を務めたのちはフランス中部ムーランの古城を改築した邸宅で趣味の美術品・博物品を収集して過ごしたというルイ・マンタン。妻も子どももいなかったマンタンが1905年に54歳の若さで亡くなった際、屋敷は家具や収集物ごとムーラン市に寄付されたのですが、「100年後の人々へ19世紀のブルジョワの生活を伝えるため、手付かずで保存して欲しい」というマンタンの遺言のもと、100年間封印されていました。

約束通り1世紀にわたり誰も立ち入ることなかった屋敷を開けた際には、ホコリやクモの巣がひどく、壁紙ははがれ落ちて至るところにカビが生えるなど、かなり損傷が激しい状態だったのですが、350万ユーロ(約4億円)をかけた3年間にわたる改修を経て、2010年10月31日に博物館として公開されたそうです。