ブログネタ
もう木造住宅は造るまい。 に参加中!
東京は晴れて暖かくなりました。

その後お変わりございませんでしょうか。
弊社は本日より通常業務を開始させていただいておりますが、東北地方太平洋沖地震に伴う停電の可能性がありますので、多少なりとも業務に支障が出る場合がございます。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

また、各メーカーからの物流、配送への影響が発生しておりますので、お客様にも少なからずご迷惑をお掛けすることが推測されます。どうかご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

今日は朝からミーティング、田柄計画検討、愛知県の業者さんと電話、出版社さんと電話、目黒区原町計画段取り、資料作成、お問い合わせ対応など。

午後からは信用金庫さん来社、5丁目のOBオーナー様来社打ち合わせ、提携会社さんと電話、図面作成など。夕方は世田谷区中町計画検討など。夕方は地盤調査会社さんと電話、成増の不動産会社さんと電話など。

今朝、起きてきて朝食を取り始めた次男。途中からみるみる顔色が悪くなって気分が悪いということでした。学校を休んで病院に行ってきたんですけど、検診の結果は何も無し、所見無しだったそうです。

お医者さん曰く、精神的なものですね。おそらくここ数日、私と一緒に見ていたテレビのニュースを消化しきれなかったのだと思います。

大人だって、何から手をつければ良いかわからない状況ですし、家や車がいとも簡単に流されていく光景は、10歳の子どもには理解出来なくても仕方ありません。しばらくの間子どもと一緒にはニュースを見ないようにしようと思います。ここは後から歴史を学んでもらうとして、今は子どもの心を大事にしたいと思います。

そんな中、昨日はうれしい連絡もありました。 弊社スタッフの実家が気仙沼にあり、地震直後からご両親の安否がわからなくなっていたんですけど、昨日の昼頃ようやく確認がとれたと連絡がありました。本当に良かった。

さて、いまだに計画停電の実行について不明なところも多いんですけど、もし実行された場合には少なからず注意が必要です。

たとえばオール電化住宅のご家庭では時間の経過とともにお湯の温度が下がってしまいますのでご注意ください。もちろんIHをお使いのご家庭でも料理は出来なくなります。

今の季節はまだ冷え込みもありますが、エアコンは使用できません。断熱性の高い家や、蓄熱体のある家はあらかじめ暖房をしておく手もありますが、そうではない場合は他の熱源を確保する必要があります。

冷蔵庫は電源が切られてから3時間くらいは保温出来ると言われています。もちろんその間は開け閉めはしないようにしましょう。また、あらかじめ保冷剤を凍らせておき、冷蔵庫内に入れるのも良いと思います。

ネットやテレビなどの情報機器も基本的には使えなくなります。ノートパソコンや、携帯電話など充電式のものはあらかじめ充電をしておきましょう。

ウォシュレットは使えませんが、トイレ自体は使えます。ただし一部のタンクレストイレなどは、取り扱い説明書を読んで対応する必要があります。

洗濯機、掃除機は途中でも止まってしまいます。家事の時間帯を変更していただく方が良いと思います。

電話は使えるはずですが、一部のIP電話は使えなくなりますので、確認をしておきましょう。

今日は一部で買い占め行動があったそうですが、事情がある場合以外は、冷静に必要な分だけ購入するようにしましょう。本当に必要な人や、買い物が出来ない方に物が届かなくなってしまいます。

最後に元気が出るページをご紹介しておきます。
prayforjapan

まだまだ余震が続いております。十分気をつけて冷静に行動しましょう。

がんばろう、ニッポン。