ブログネタ
もう木造住宅は造るまい。 に参加中!
東京でエコ住宅を考えたらRCdesign

晴れた東京は暑いです。

そんな今日は朝から原稿チェック、見積作成、代理店さん来社打ち合わせ、小石川のオーナー様とお電話、1丁目計画検討、資材メーカーさんと電話、銀座ビル計画検討など。

午後は千葉計画検討、金融機関さんと電話、サッシ屋さん来社打ち合わせ、板橋2丁目計画検討、関連不動産会社社長と電話、見積作成、世田谷区中町計画検討など。夕方は品川区大井計画検討、図面作成、各種段取りなど。

日差しの力強さを感じる暑さでしたが、弊社事務所内はまだノーエアコンでも大丈夫です。

ではこちら。

自宅で手軽にソーラー発電システムをDIY! 「ソラ電1号」登場

「この夏は節電しなきゃダメだよなぁ。」と思いながらも「もし、去年みたいな猛暑だったら...夏場の日中をクーラーなしで乗り切るのは困難かなぁ。」と、今年の夏は色々と悩ましく思っている人も少なくないんじゃないでしょうか。

一方で自宅で発電できれば、「少なくとも自分や家族が生活に使う分の電気位は賄えるかも知れないなぁ。」と思っても、屋根に敷くようなソーラー発電パネルは敷居が高くてなかなか手が出せないし、そもそも、うちはマンションだからソーラー発電パネルなんて置けないよ...という人もきっといますよね。

そんな人でも手軽に試すことができそうなソーラー発電システムが、国際産業技術から発売されました。商品名は、「ソラ電1号」だそうです。

ほほー。これはまた男のDIY心をくすぐる商品かもしれません。

なんでもこの商品はソーラー発電システムのDIYキットのようなもので、付属品としてソーラーパネル(50W)、DC-ACインバーター(200W)、ディープサイクルバッテリー(12V 90Ah)、チャージコントローラー 、シガーソケット、架台(キャスター付) が含まれるそうです。

製品の特徴として、バッテリの電力容量は、1080VAh(12V × 90Ah)が最大。変換効率を90%とした場合、180W程度の家電品なら約5時間、90W程度なら約10時間の電力を供給できるそうです。

実際には通常20〜50Wぐらいの機器を連続で動かすのに適していて。LED電球、20インチクラスの液晶TV、オーディオ製品、ノートパソコン等を使用するのに最適とのことです。

また、40〜80Wの製品を連続使用したい場合は、ソラ電増設パネルを増設してください。例えば、200Wを連続使用したい場合はパネル8枚位を並べる必要があります。

さすがにエアコンを動かすには少々力不足かもしれませんが、扇風機なら大丈夫そうですので、実益を兼ねたDIYができそうですね。

ちなみに気になるお値段は、直販価格7万9800円だそうです。さすがに夏休みの自由研究にはお高いですが、一通り揃ってこの価格なら安い気もしますし、何か他にも転用できそうな気もするし、結構ワクワクできるのではないでしょうか。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキングへ  ←ランキングからもがんばろうニッポン!