ブログネタ
もう木造住宅は造るまい。 に参加中!
東京で太陽光発電付きの家を建てるならRCdesign

朝は秋らしい清々しさでも暑くなった東京は夕立も。

そんな今日は朝から原稿チェック、資料作成、その後関連不動産会社へ、帰社後は見積作成、世田谷区新町計画検討、中町計画検討、信用金庫さんと電話、杭屋さんと電話など。

午後は台東区蔵前方面へ、お客様と打ち合わせ、ありがとうございます。帰社後は蓮根の不動産会社さんと電話、各種段取りなど。夕方は内幸町方面へ、お客様と打ち合わせ、その後会食。ありがとうございます。

よーし、今日もサッカー観戦だ!がんばれニッポン!

ではこちら。

太陽光発電システム導入「満足している」90%以上

市場調査・コンサルティング会社のシード・プランニングは、太陽光発電システムを導入しているユーザーに対して調査を行い、結果をまとめまた。

調査は、太陽光発電システムを既に購入した300人を対象にインターネットで6月に調査を行い、「どのような理由で製品や販売店を選んでいるのか、購入後の満足度」などについて聞いた。

この結果、購入目的は、電気代の削減が最も多く、次いで売電収入期待、環境への貢献と続く。

購入後の満足度は「非常に満足」と「まあまあ満足」と答えた人が全体の90%を超えた。満足の理由は「電気代が安くなったから」や「想定どおり発電・売電しているから」が多い。

購入に際して心配したことのトップ3は、初期投資額が大きいこと、故障の心配、電気代が削減できるかだった。これらの心配は、約半数が「販売店に質問・相談して」、「自分で情報収集をして」から解消し、購入したが残りの半数は心配事を残しながら購入に踏み切っているという結果となった。
なるほど。

これは今後太陽光発電の導入を検討している方にとってはひとつの判断材料になるかもしれません。

何より満足度が高いということは、当然そこから口コミも広がっていくことが予想されますので、次第に普及がスピードアップすることが予想されます。

残念ながら今のところ、元を取るという考え方を満たすことは出来ないのが現実なんですけど。それでも相対的な満足度が高いというのがおもしろいですね。

もちろん毎月の電気代は確実に下がりますから、それだけでも効果が実感できることもありますし、環境への貢献という自負も満足度に貢献していることでしょう。

もしかすると太陽光発電や燃料電池などの環境対応設備をご検討される方、最新設備に興味を持っていただける方というのは、きっとその時点で半分は購入が決まっているのではないでしょうか。

そこでいろいろな情報収集を行いながら、購入に向けた理由付けをしているので、結果的に多少の不安があったとしても、購入した方が満足度が上がるのではないかと思います。

もし、住まいづくりをご検討している方や、これから家を建てるという方で最新環境設備にご興味があるという方は積極的に採用をご検討いただいても良いかもしれませんね。

そんな方は是非弊社までお気軽にお問い合わせください。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキングへ   ←赤とんぼめがけて応援のクリックをひとつ!