ブログネタ
もう木造住宅は造るまい。 に参加中!
東京で災害に強い家を建てるならRCdesign

小雨降る寒い東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後世田谷区中町計画検討、都市銀行さん来社打ち合わせ、埼玉県新座市計画段取り、新規お問い合わせ対応、書類作成、業者さん来社など。

午後は西新宿計画のお客様とお電話、ありがとうございます。世田谷区新町計画段取り、提携会社さん来社打ち合わせ、信用金庫さんと電話、提携会社さんと電話、世田谷区代沢計画検討、中央区日本橋計画検討など。夕方は蓮沼計画検討、お問い合わせ対応、埼玉県和光市計画のお客様とお電話、ミーティングなど。

全国的に台風の影響が出てきていますが、まだまだ油断は出来ません、これから台風の進路になっている地域の方はくれぐれもご注意ください。

ではこちら。

台風が来る前にやっておきたい5つのこと

●ベランダや庭の片付け
「ベランダや庭に置いてあるものを片付ける」という答えが多く寄せられました。植木鉢や物干し竿、子どものおもちゃ、スリッパなど、風で飛んでいって人や物にぶつかる可能性があるものは、片付けておきましょう。

●雨戸を閉める
雨戸を閉めておけば、風や飛んできた物で窓が揺れたり、割れてしまうのを防ぐことができます。「家に隣接する林の木が、2階の私の部屋に向かって倒れてきていたのです」――nanapiユーザーには、こんな恐怖体験をした人も。雨戸を閉めていたので、被害を免れたそうです。

●買い出し
台風が来ると雨や風で外出しづらくなります。食料品など、いつもより多めに買い物をしておくという人も多いよう。小さなお子さんがいる場合、退屈しなくて済むよう、本やDVDなどを買っておくという人もいました。

●情報収集
気象庁のサイトや天気予報サイトで台風予報をチェックしたり、近くの川のて増水がないかなど情報収集するという人も。早めの情報収集が、早めの対策につながりそうです。

●停電&避難対策
停電に備えて懐中電灯やラジオを出しておいたり、電池をチェックするという人も。避難に備え、非常持出し用のものをリュックに入れておいたり、近くの避難所をチェックしておくのも大切です。
2011年09月20日14時45分提供:nanapi