ブログネタ
もう木造住宅は造るまい。 に参加中!
東京で資産になる住まいを建てるならRCdesign

朝からシトシト雨の東京です。

そんな今日は朝から金融機関へ、帰社後は出版社さん来社打ち合わせ、信用金庫さん来社、文京区小石川計画検討、見積作成など。

午後は中野の業者さんと電話、提携会社さん来社打ち合わせなど、世田谷区代沢計画検討、見積作成、新宿区西新宿計画検討、解体業者さんと電話、埼玉県新座計画検討など。夕方は杉並区南荻窪計画検討、中野区本町計画検討など。少々早めに業務終了。

IMG_1084bそんなわけで今日は2011年11月11日でしたね。11:11を目撃しました。そんな今日は・電池の日だったり、下駄の日、靴下の日、圭で鮭の日とか。しかしなんと言っても11vs11でサッカーの日!我らが日本代表はタジキスタンと対戦し、目出度く4−0で快勝しました!

ではこちら。

消費税率引き上げ時の住宅取得負担軽減を要望/不動産協会

(社)不動産協会は10日の理事会で、今後予想される消費税率引き上げ時の住宅取得の負担軽減について盛り込んだ税制改正要望を、新たにとりまとめた。

要望では、「住宅が豊かな国民生活の基盤であり、価格も極めて高額であることから取得時の消費税負担が重くなってしまう」、「復興を支える日本経済の成長に必要な住宅投資に水を注す懸念がある」、「食料品等生活必需品対策として給付型税額控除が検討されているが、住宅はその対象としてなじまない」ことなどを指摘。消費税率の据え置き、負担増分の還付といった、住宅取得時の初期負担を増加させない措置が不可欠であるとした。

また、従来からの要望である住宅等の建築物に係る多重課税排除や登録免許税の手数料無料化などを確認。不動産取得税等の金額については消費税の占める部分が大きいことから、「多重課税の排除だけでは不十分であり、税率引き上げ分の負担を解消する特段の措置が必要」とした。