ブログネタ
もう木造住宅は造るまい。 に参加中!
東京で住宅を建てるならRCdesign

rogo1
小寒の東京は晴れです。

あけましておめでとうございます。

本日よりRCdesignでは通常営業を開始いたしました。
本年も弊社スタッフ一同、より一層皆様のお役に立てるよう、技術とサービスに磨きを掛け、チャレンジして参りますので、昨年同様のご愛顧を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

なお、年末年始にいただきましたお問い合わせや資料請求は本日の発送とさせていただきましたので、今しばらくお待ち下さい。

さて、そんな仕事始めの今日は朝から世田谷区中町計画のお客様とお電話、ありがとうございます。その後資料作成、サッシ屋さん来社、中野区新井でご検討のお客様にご来社いただきました。ありがとうございます。杭屋さん来社、世田谷区代沢計画検討、提携会社さんと電話など。

午後は商社さん来社、UBメーカーさん来社、来客、世田谷区用賀計画検討、埼玉県和光市計画のお客様とお電話、お問い合わせ対応、ホームエレベーター会社さん来社打ち合わせなど。夕方は見積作成、電気屋さん来社打ち合わせ、信用金庫さん来社、ミーティングなど。

ところで、お正月は如何お過ごしだったでしょうか。比較的天候にも恵まれていたようですので、穏やかなお正月だったと思います。私はと言えば、母親の古希のお祝いをしたりして、ゆっくり過ごすことが出来ましたが、案の定2kg増量キャンペーン開催という結果になってしまいました。

ではこちら。

「思い出共有」「自宅欲しい」…仮設住宅でそれぞれの新年

東日本大震災の被災者らは仮設住宅などでそれぞれの新年を迎えた。

岩手県釜石市鵜住居町にある仮設住宅の自治会長、藤原泰治さん(43)は新年を前に談話室を開放して年越しイベントを企画。大学生ボランティアが年越しそばをふるまい、夜には集まった住民らがカウントダウンで新たな年を迎えた。藤原さんは「新しい年明けにみんなで思いを共有したかった。釜石のまちづくりを、仮設住宅から始めていきたい」と語った。

同県大槌町桜木町では、地域住民らが信仰する観音像のお堂周辺に手作りのあんどんを設置。初詣の準備を進めた。同町は約380世帯中、100世帯以上が仮設住宅や町外へ転居。お堂も浸水したが、本尊は無事だった。地域復興の願いを込め、正月には参拝者へお神酒を配る。別当の八幡幸子さん(60)は「亡くなった方の分まで、みんなが幸せになる年に」と祈りを込めた。

宮城県南三陸町の仮設団地では亡くなった家族や被災状況に配慮して、しめ縄などの新春を祝う飾り付けは中止。松岡よし子さん(81)の夕飯は家族5人ですしと茶(ちゃ)碗(わん)蒸しを囲んだ。「やっぱり、自宅が欲しい。ちょっとでもいい年になればな」。同県石巻市の仮設住宅に入居する主婦、松岡聖子さん(45)は「いろんなことがあったけど、どんな境遇でも子供には安心して過ごさせたい」と話した。
2012年01月01日00時25分提供:産経新聞

新しい年になったとは言え、昨年の東日本大震災から10ヶ月が経とうとしている今でも、仮設住宅で過ごされている方や、避難生活を送られている方が大勢いらっしゃることからも、まだまだ震災によって受けた傷が癒されたわけではありません。

そんな中、被災された方々からも少しずつ前向きに考えられるような言葉を聞くことが出来ると、少しホッとしますが、こんな辛い新年は二度と無いようにしないといけませんね。

昨年11月に気仙沼で開催させていただいた住宅相談会でも感じましたが、現地の方々は本当にその土地、地域が好きで、何とか元の暮らしを取り戻したいという思いが強いようです。(気仙沼の報告はこちら

私自身も昨年は家、住宅、住まいとは何か、マストとは、より良いとはを再度考える機会を与えられた年でした。

弊社がRC住宅専門の設計事務所兼工務店として、鉄筋コンクリート造にこだわって特化することを決意したのは、阪神大震災を目の当たりにしたことからでした。

住宅も流行があったり、新しい技術や仕上げに目を奪われてしまうこともありますが、これももしかすると時代のニーズかもしれません。

しかし、住宅の本来の意味を見失ってはいけません。

ウィキペディアにはこう書かれています。

住宅(じゅうたく)とは、人の居住を用途とする建築物。「住居」・「マイホーム」とも言う。周囲の環境から住人の快適な生活を守るものであり、生活範囲となる環境を含める場合もある。

ここで言う“周囲の環境”とは、気候(雨、風、雪、暑さ、寒さ、湿気など)、騒音、異臭、他人の視線や聞き耳(→プライバシーの保護)、天敵(猛獣、猛禽、害虫など)など、立地条件によって異なるものであり、住宅に求められる対応もそれによって異なる。

やっぱり弊社が考える住宅は災害に強く、快適で省エネ、3世代が使える長寿命な家が住宅に求められる条件だと思います。

その上で、個々のライフスタイルを実現出来るプランや仕上げ、格好良さを付加していけば良いのではないでしょうか。

と言うことで、弊社は今年も鉄筋コンクリート住宅にこだわって、住まい造りのお手伝いをさせていただきますので、住まいづくりをお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

それでは本年もどうかよろしくお願い申し上げます。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキングへ ←Rising sun に暖かい応援のクリックをどうかひとつ!