ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!

東京で強い家を建てるならRCdesign

清々しい天気の東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、杉並区荻窪方面でご検討のお客様にご来社いただきました。ありがとうございます。材料メーカーさんと電話、川崎方面の業者さんと電話、北区田端計画検討、都市銀行さんと電話、新規お問い合わせ対応など。

午後は出版社さん来社打ち合わせ、西東京市計画検討、図面作成、見積もり作成、確認検査機関と電話、提携会社さんと電話、資材発注など。夕方は西新宿計画のお客様とお電話、ありがとうございます。目黒区下目黒計画検討、図面作成、各種段取りなど。

さて、GWも終わってしまいましたが、どのようにお過ごしでしたでしょうか。今年の関東は天候がイマイチだったりして、せっかくの立夏もいまひとつ楽しめなかったかもしれませんね。気を取り直して今週も張り切って参りましょう。

ではこちら。

<竜巻> 茨城と栃木で890棟損壊、1人死亡

関東地方を中心に大気の状態が不安定となった6日午後、各地で竜巻とみられる突風や落雷による被害が相次いだ。茨城県と栃木県では、竜巻により計約890棟が損壊、家屋の下敷きになるなどして、中学3年の男子生徒が死亡、計46人がけがをするなど大きな被害が出た。毎日新聞のまとめでは、両県を含め竜巻と落雷による各地の死者は2人、負傷者55人(重体1人、重傷1人)、家屋の損壊は約900棟に上った。

気象庁の現地調査団によると、被害の大きかった茨城県つくば市北条地区での竜巻の強度を示す藤田(F)スケールは「F2」の大型とみられる。

茨城県防災・危機管理課などによると午後0時50分ごろ、つくば市などで竜巻が発生し、同市北条などで計約300棟が損壊した。県警つくば北署によると、1人で自宅にいた同市北条、市立筑波東中学3年、鈴木佳介さん(14)が家屋の下敷きになったとみられ、搬送先の病院で死亡したほか、負傷者は34人に上った。