ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で2世帯住宅を建てるならRCdesign

良い天気で暑くなった東京ですが、夜には曇って折角の部分月食は見ることが出来ませんでした。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後和光市計画のお客様とお電話、練馬の不動産会社さんと電話、商社さんと電話、世田谷区代沢計画検討、原稿作成、世田谷区深沢計画検討、新規お問い合わせ対応など。

午後は解体業者さん来社、住設機器メーカーさんと電話、内装材メーカーさんと電話、見積作成、川越計画のお客様にご来社いただき打ち合わせ、ありがとうございます。7丁目のOBオーナー様宅へ書類お届けなど。夕方はご近所のリノベーション工事検討、提携会社さんと電話、文京区向ヶ丘計画のお客様にご来社いただき打ち合わせなど。

昨日はサッカー日本代表が勝ってくれて良かったですね。何となく相手のやる気が感じられなかったんですけど、そんな中相手のゴールキーパーはやっぱり凄かったですね。まさにワールドクラスでした。

ではこちら。

積水化学工業住宅カンパニー調査、「同居・二世帯」の8割が満足

積水化学工業住宅カンパニーの調査研究機関・社住環境研究所はこのほど「同居・二世帯の住まいづくりと暮らし満足度」調査を実施、結果を発表した。同居・ 二世帯家族の86%が暮らしに「おおね満足」しており、満足度を高めるポイントは「同居家族との交流」「世帯の独立性」の両立という。

注文住宅を建築した同居・二世帯に満足度を聞いたところ「満足」14%、「まあ満足」49%、「まあ満足に近い」23%、「やや不満に近い」7%、「やや不満」4%、「不満」3%だった。
2012年06月04日00時00分提供:週刊住宅 online

なるほど。

これはなかなか良い数字ではないでしょうか。

親御さんとの同居や2世帯住宅を考えるとき、皆さん少なからず二の足を踏んでしまう要因があると思いますが、もし多少のデメリットがあったとしても、結果的には経験者の9割にも及ぶご家庭が満足していただけているということです。

もちろん2世帯住宅もメリットばかりでは無いんですけど、デメリットのほとんどは技術的に解決出来ることが多いですね。

あとは互いの世帯で守るべきルールのようなものがあれば、きっと末永く良い関係が続けられるように思います。

とにかく2世帯で気をつけなければいけないのが、世帯間での干渉度合いのように思います。そこは親子と言えども違う世帯ですし、世代も違えば生活スタイルも違って当然です。

お互いの生活スタイルを尊重し、必要以上に干渉したりしないことが非常に大切なことなんですね。

一般的に問題とされる音の問題などは鉄筋コンクリート住宅なら、ほとんど心配はいりませんのでご安心下さい。

耐震・耐火の基本性能が高いからこそ、子孫に受け継ぐことが出来るんです。結果的に資産性も維持されますので、ご家族の繁栄に寄与できるということです。

2世帯住宅には是非鉄筋コンクリート(RC)住宅をお選びください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←1日1回の応援クリックを是非!