ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で火災に強い住まいを建てるならRCdesign

くもりのち夕方から雨の東京です。

そんな今日は朝からミーティング、その後資料作成、都市銀行さん来社打ち合わせ、事務機屋さん来社、西新宿計画のお客様とお電話など、ありがとうございます。

午後は吉祥寺方面へ、井の頭計画のお客様と賃貸併用住宅の打ち合わせ、ありがとうございます。帰社後は電気屋さんと打ち合わせ、リフォーム工事段取り、お客様と打ち合わせ、和光市計画のお客様とお電話、土地家屋調査士さんと電話など。夕方は提携会社さん来社打ち合わせ、看板屋さんと電話、 文京区向丘計画のお客様とお電話、ありがとうございます。

台風の影響か天気がころころと変わる不安定な1日でしたね、まだまだ水不足解消ということにはならないと思いますが、野菜や植物のためにも適度な雨が降ってくれると有り難いです。

ではこちら。

ペットが原因で火災が発生!? 気をつけるポイントって?

慌てて家を出た後で、「コンロの火を消したっけ?」「火の元大丈夫かな」と急に火事への不安がよぎった経験はありませんか?平成23年度の総出火件数は50,006 件。実に日本国内で1日あたり137件、11分に1件の割合で火災が発生しています。常に"火の用心"という言葉を心に刻んでおきましょう。※消防庁「平成23年(1月〜12月)における火災の状況(確定値)」

●出火原因って?
1位 「放火」5,632 件(11.3%)
2位 「たばこ」4,752 件(9.5%)
3位 「こんろ」4,178 件(8.4%)
4位 「放火の疑い」3,931 件(7.9%)
5位 「たき火」3,443 件(6.9%)(消防庁「平成23年1月〜12月中の製品火災に関する調査結果」)
気になる火災の出火原因を調べてみると、最も多いのが「放火」。次いで「たばこ」となっています。何気なく自宅でたばこを吸う方も多いはず。あらためて気をつけたいですね。

●意外なところから火災が発生!?
放火やたばこといった出火原因のほかにも、意外なことが原因になっている事例もいくつか報告されています。
<ケース1/電気製品の不具合による火災>
電気ストーブや電気コンロ、電子レンジなど電気製品から出火したケースは年間136件に上ります。(※) たとえ電気製品であっても火災が発生する可能性はあります。焦げくさいにおいはしないか、煙は立っていないかなど、電気製品の使用中は五感を働かせ疑ってみることも必要です。※消防庁「平成23年1月〜12月中の製品火災に関する調査結果」

<ケース2/動物による火災>
ゴキブリやネズミ、クモ、その他にもペットが原因で火災が発生することもあります。ゴキブリの死骸が基盤部分に付着して回路をショートさせて出火したケースや、分電盤のブレーカーの結線部分にネズミの死骸が挟まり火花が出ていたケースなど。
2012年09月17日14時00分>提供:マイナビスチューデント

なるほど。

きっとほとんどの方が災害と同様、火事も他人事と思って日々暮らしているのではないでしょうか。

しかし、記事にもあるように、11分に1件の割合で火災が発生しているのが現実です。もしかすると地震とともに、日本では最も身近な災害のひとつと言えるかもしれません。

これだけ木造住宅が普及しているのも原因のひとつかもしれませんが、むしろ火事には必ず火の元があると思っているところに問題があるのではないでしょうか。

と言うのも、確かに出火原因の半分くらいはたき火や放火など、実際に火の気があるところからですが、残りの半分は火の気がないようなところから出火しているんです。

一般的に電気は安全で火事の心配が無いと思われている方も多いようですが、記事にもあるように、電気製品からの出火や、電気配線からの出火もあると言うことを十分認識しておく必要があります。

人間は火が見えている間は注意するものですが、火、または炎が見えないと、途端に油断してしまうようです。そう、小さい頃花火の後始末をしっかりしたように、くすぶっている煙から火が出ることもありますからね。

ということで、電気器具の管理や清掃、人間の生活圏に動物が入り込まないように気を付けることも大切です。またウサギやモルモット、猫などペットによる火災の発生事例もありますので、ペットを飼っている人は、留守中はなるべく放し飼いをしないか、コンセントを抜いておくなど、いろんなことに目を配る必要がありそうです。

と言うことで、日頃から火の元の確認はもちろん、電気も火の元になるという認識を持っておくことが大切です。

さらに住まいを建てたいと思ったら、鉄筋コンクリート住宅にしておくとより安心ですね。

それでは。

今日もありがとうございます。

  ←どうかひとつ、ハゲましのクリックを!
人気ブログランキングへ